タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ホウレンソウ 「日本ほうれんそう」

ホウレンソウ 「日本ほうれんそう」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ホウレンソウ 「日本ほうれんそう」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 寒さに強く、秋まきに適する日本在来種としてよく知られた品種です。やや細葉で、葉には切れ込みが深く、葉柄は長く、アクが少なくて食味がすぐれています。

特性

寒さに強く、秋まきに適する日本在来種としてよく知られた品種です。やや細葉で、葉には切れ込みが深く、葉柄は長く、アクが少なくて食味がすぐれています。

栽培環境

播種の2週間前に10a当たり苦土石灰150~200kg、有機配合肥料100~120kgを施します。酸性に非常に弱いので、土壌酸度矯正をしっかり行います。酸性土壌だと発芽してもすぐ消えてしまいます。完熟堆肥を施すとつくりやすくなるので、10a当たり3000kgを目安に、播種の1週間前までに畑に投入しておきます。

播種~植えつけ

条間15~20cmのスジまきまたは点まきし、本葉が2~3枚になるまでに間引いて株間を4~6cmにします。播種前に一晩流水につけて、軽く水を切ってから播種すると発芽ぞろいがよくなります

管理のポイント

日当たり、通風、排水、水もちのよい肥沃な畑で栽培します。排水の悪い畑では、高うねにして湿害を防ぐようにします。温暖地の11月以降の栽培は防寒のため、不織布べたがけトンネル栽培を行います。ホウレンソウの根は直根性で傷つくと回復しにくくなるので、間引きは本葉2~3枚までに行い、残す株の根を傷めないようにします。畑が乾いたら適宜水やりをします。追肥は必要ありません。

病害虫・生理障害

アブラムシ、シロオビノメイガ、ハスモンヨトウなどの害虫は、見つけしだい捕殺するか、寒冷紗などのトンネル被覆を行い、物理的に防除します。密植すると、通風が悪くなり、病害虫の発生が多くなります。株間を広くとり、日当たりと通風をよくします。連作は避けます。

収穫・保存・利用

収穫の1週間ぐらい前から水やりを控えると、品質がよくなります。草丈20~25cmを目安に、適期を逃さないように収穫します。ぬらした新聞紙で包み、ポリ袋にいれて冷蔵庫で保存します。長く保存する場合は、ゆでて冷凍します。ホウレンソウはカロテンの多い緑黄色野菜の代表格です。おひたし、バターいためなどに利用します。

栽培暦

ホウレンソウ 「日本ほうれんそう」
品目 ホウレンソウ(法蓮草)
原産地 中央アジア
科・属名 アカザ科ホウレンソウ属

ホウレンソウ 「日本ほうれんそう」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.