タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「つるな」

「つるな」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「つるな」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 日本に野生するただ一種のツルナ科植物で、海岸に生える多年草です。

特性

1.日本に野生するただ一種のツルナ科植物で、海岸に生える多年草です。
2.ハマチシャとも呼ばれ、三角形のやや肉厚の葉が地面をはって広がります。

適応性

日当たり、通風、排水、水もちのよい肥沃な畑で栽培します。若葉を旺盛に繁茂させるために、完熟堆肥を十分施します。乾燥にも比較的強いですが、やわらかな茎葉を収穫するために適宜水やりをします。収穫期間が長いので、株の様子を見ながら追肥をします。

播種

早まきや温暖地の露地での越冬栽培はできません。霜に弱いので3月下旬~6月ごろに1m幅のベッドに2~3条の条まきにします。通常発芽するまでに15日以上かかりますが、発芽を早めたいときは、一昼夜ほどタネを水につけてから播種をすると有効です。

間引き

本葉が2~3枚になるまでに株間約15cmにします。

施肥

10a当たり苦土石灰80kg、2週間ほど前に完熟堆肥1000kgと有機配合肥料50kgを目安として畑に施します。連作には強い野菜ですが、地力の低下は病気や障害の発生につながり、品質低下の原因になります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して土づくりを心がけます。

病害虫・生理障害

暑さや乾燥、病害虫に強く、生育も旺盛なので、無農薬栽培もできます。暖地では多年草になりますが、寒さには弱く霜に当たると枯れます。

収穫・利用

秋遅くまで収穫したい場合は、トンネル栽培など温度確保をします。肉厚の葉や茎を摘みとって食用にしたり、本葉が2~3枚になったころから間引き菜として利用できます。大株になればつる先の若葉3~4枚、長さ7~10cmで摘みとります。風味はホウレンソウに似ていて、とくに若いうちはやわらかで、クセも少なく食べやすいです。

栽培暦

「つるな」
品目 ツルナ (つる菜)
原産地 日本、オーストラリア、ニュージーランド
科・属名 ツルナ科ツルナ属

「つるな」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.