タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ツケナ 「三池赤たかな」

ツケナ 「三池赤たかな」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ツケナ 「三池赤たかな」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 福岡県三池地方で広まり改良されたタカナです。葉は濃緑色、葉脈は紫色で幅が広く、軸も幅広で肉厚です。

特性

1.福岡県三池地方で広まり改良されたタカナです。葉は濃緑色、葉脈は紫色で幅が広く、軸も幅広で肉厚です。
2.独特の風味があり、漬け物によく適します。
3.寒さには弱く、寒冷地には向きません。

圃場準備

連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。10a当たり苦土石灰120kg、完熟堆肥3000kgと有機配合肥料100kgを目安として施します。プランターでの栽培も手軽にできます。

播種

条間65cmを目安にスジまきします。覆土を1cmくらいし、発芽するまで乾かさないように管理します。間引きながら本葉4~5枚までに株間30~40cmにします。育苗する場合は、3号(9cm)ポットに5~6粒まき、生育のよいものを1本残し、本葉4~5枚になったら株間30~40cmで定植します。高温時の播種なので、アブラムシやヨトウムシの飛来を防ぐために寒冷紗を張ると安心です。

管理

日当たり、通風、排水、水もちのよい肥沃なところで栽培します。排水の悪い畑では高うねにします。株の様子を見ながら株の回りに2~3回追肥して、大株に育てます。中耕と除草をし、根部に酸素を供給し、生育を促します。株が大きくなると寒さに弱くなるので、温暖地での越冬栽培は、11月ころからトンネルをかけるなど保温をします。

病害虫防除

タカナ類は、気温が低下していく秋に栽培するので、病虫害の発生は少ないほうですが、葉が緑色濃淡のモザイク状になって縮むウイルス病が問題になることがあります。ウイルス病は農薬では治りません。ウイルス病はアブラムシが媒介するので、寒冷紗などで被覆して飛来を防ぎます。アブラムシを農薬で防除するときは、説明書をよく読み、間違いがないようにします。

収穫

小さいうちは間引き菜、年内収穫のものは株ごと刈りとります。年越しして春に収穫するには葉をかきとり、トウ立ちしたものからトウも収穫、利用します。塩漬け、ぬか味噌漬け、煮物などに利用します。

栽培暦

ツケナ 「三池赤たかな」
品目 ツケナ(漬け菜)
原産地 中央アジア
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ツケナ 「三池赤たかな」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.