タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「つるむらさき」

「つるむらさき」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「つるむらさき」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント ビタミン・ミネラル類を豊富に含み、夏場に野菜が不足するときの栄養野菜として貴重な作物です。

特性

1.ビタミン・ミネラル類を豊富に含み、夏場に野菜が不足するときの栄養野菜として貴重な作物です。
2.熱帯アジア原産で暑さに強い野菜です。

適応性

連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。

播種

畝幅100cm、株間30~40cm、1か所3~4粒を標準として点まきします。タネは皮がかたいので、一晩水に浸けてから播種します。発芽には約2週間かかります。

間引き

本葉が4~5枚になったら1本立ちにします。1本立ちにするとき、2m程度の支柱を立て、つるが伸び始めたら絡ませます。

施肥

10a当たり苦土石灰100kg、完熟堆肥2000kgと有機配合肥料60kgを目安として施します。収穫中は月1回、10a当たり化成肥料を1握りバラまき中耕土寄せをします

病害虫・生理障害

敷きワラをして防乾します。敷きワラは泥はね防止にもなります。うどんこ病やアブラムシが発生することがあります。うどんこ病は、日当たり、通風、排水をよくして防ぎます。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。

収穫・利用

播種後約30日から収穫でき、つる先が15cmくらい摘めるようになったら収穫します。下の方の葉を2~3枚残し、その先を摘みとります。収穫後も追肥と水やりをすれば、長期間収穫ができます。ホウレンソウと同様に茎葉をさっとゆでておひたし、あえ物に、生のまま汁の実、いため物、サラダ、ジュースなどに利用します。天ぷらやかき揚げなどにもよいです。

栽培暦

「つるむらさき」
品目 ツルムラサキ(つる紫)
原産地 熱帯アジア
科・属名 ツルムラサキ科ツルムラサキ属

「つるむらさき」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.