タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. トリテレイア (野放し球根・日なた向き)

トリテレイア (野放し球根・日なた向き)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「トリテレイア (野放し球根・日なた向き)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

日なた・日かげ

特長

青紫の小さな花をたくさんつける「トリテレイア(旧名ブローディア)」です。アガパンサスを小さくしたような形状から、ヒメアガパンサスとも呼ばれます。強健で、植えっ放しでもよくふえ、毎年きれいな花を咲かせます。
草丈30~50cm。

「野放し球根」は、サカタのタネの長年の経験から、植えっ放しでもよく育ち、手間をかけなくても毎年きれいな花を咲かせる品種を寄り集めたブランドです。
※極端な乾燥や雑草が多い場所などでは、水やり、草とりなどの通常の管理が必要となります。

栽培環境

日当たり、水はけのよい場所を選びます。

植えつけ~発芽後の管理

植えつける前によく耕し、腐葉土や堆肥などの有機質と、緩効性肥料(ゆっくりと長く効く肥料)をよく混ぜます。5~10cmの間隔で深さ5cmぐらいに植えつけます。鉢植えは、18cm鉢に5球植えが適当です。

日当たり、水はけのよい場所を選びます。植えつける前によく耕し、腐葉土や堆肥などの有機質と、緩効性肥料(ゆっくりと長く効く肥料)をよく混ぜます。5~10cmの間隔で深さ5cmぐらいに植えつけます。鉢植えは、18cm鉢に5球植えが適当です。

ポイント

肥料

植えつけ前によく耕し、緩効性の肥料を入れておきます。何年間かそのまま植えっ放しの状態で管理するので、2年目以降は、植物の生育が旺盛な春先に月に2回、液肥を水やり代わりに施すとよいでしょう。

楽しむ

四方に広がる花は立体感があり、茎を長めに切って飾ったり、短く切り詰めてテーブルフラワーにしても楽しめます。

花後の管理

数年間、植えっ放しにした状態で何年も花を咲かせます。株が混み合ってきたら掘り取り、株分けをするとよいでしょう。

栽培暦

トリテレイア (野放し球根・日なた向き)
品目 トリテレイア(ブローディア、ヒメアガパンサス)
原産地 北アメリカ西部
科・属名 キジカクシ科トリテレイア属

トリテレイア (野放し球根・日なた向き)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

球根  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.