タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ひまわり マンチキン

ひまわり マンチキン

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ひまわり マンチキンの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

鮮明な黄色の花は、無花粉で花もちがよく長い間楽しめます。花壇での草丈は約60~80cmとわい性で、分枝が多くボリューム感が出ます。小さな鉢で草丈低くかわいらしい花を咲かせることもできます。

栽培環境

アメリカ原産の春まき1年草です。見ているだけで元気が出てくるヒマワリは、新しい品種が豊富に開発されて、イメージが一新されました。土質を選ばない丈夫でつくりやすい花です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。

タネまき~植えつけ

発芽適温、生育適温ともに20℃以上と高温を好む花です。葉桜のころからタネまきします。タネは大きくまきやすいので、2~3粒ずつ直まきにするか、清潔な土を入れて9cmポットに2~3粒のタネを1cmほどの深さにタネどうしが触れないようにまきます。発芽後は丈夫な苗を1本に残し、日当たりと風とおしのよい場所で苗が徒長しないように水やりに注意して健康な苗にします。日当たりと水はけのよい場所に、完熟堆肥約3kg、腐葉土1/3袋をすき込み、株間30~40cmで植えつけます。肥料分が多いと伸びすぎて倒れやすいので、元肥は少なめにし、株の様子を見て追肥します。

管理のポイント

早い時期のタネまきは、気温が低いと発芽がそろわないので、ポットまきをおすすめします。ヒマワリのタネは、くっつけてまくと発芽や生育にムラが出やすいので、離してまきます。タネをまく深さが浅いと種皮をくっつけて発芽してくることが多いので、1cmほどの深さにタネまきします。草丈約80cmわい性品種で、株間は30~40cmと広く植えます。株元に光をさし入れ根張りをよくして倒れないようにします。分枝を多く伸ばしボリュームのある株にします。

病害虫・生理障害

植えつけ後、ネキリムシの害を受けるので注意します。春ごろはアブラムシやアオムシ、高温乾燥期はハダニ、夏以降はヨトウムシがつきやすいので、薬を選んで定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

ヒマワリは豊富な品種があり、場所ごとに品種を変えて植えたり、時期をずらして植えたりすると、長い期間いろいろな品種を観賞できます。大きいコンテナに10~20粒ほど多粒まきすると、ボリュームのある豪華な鉢物になります。枝を切って一輪挿しにもできます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ひまわり マンチキン
品目 ヒマワリ(向日葵)
原産地 北アメリカ
科・属名 キク科ヒマワリ属

ひまわり マンチキンを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ひまわり マンチキンの栽培Q&A

Q花をたくさん咲かせたいのですが?
A主枝に小さな蕾が見え始めのころに、その蕾だけを摘みとります。側枝が多く発生し生長して花をつけます。主枝の蕾をとらなくても、主枝の花が咲き終った後に側枝の花が生長し開きます。養分が不足すると花が少なくなるので、生育に応じて追肥を与えて下さい。
Qヒマワリをミニづくりするために、小さな鉢で育てていますが、下葉が枯れてしまいました。
A養水分の不足、また高温多湿期であれば、斑点細菌病や葉枯細菌病が考えられます。養水分不足の場合は、生長期には1週間に1度水やり代わりに液肥を与えます。病気は雨による泥はねや過湿によって発生するので、風通しのよい環境で敷きワラなどのマルチングを行うことである程度予防できます。また病気の発生した葉は集めて処分し、来年の発生源にならないように注意します。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.