タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ミナ ロバータ

ミナ ロバータ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ミナ ロバータの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

暖かい地域では9月ころから花が咲く短日開花性のつる性植物で、気温の上昇とともにつるが伸び、垣根やあんどん仕立てに適します。つぼみは緋赤色で、咲き進むにつれて橙、黄、白へと変色します。

栽培環境

メキシコ原産の春まき1年草です。春まきで気温の上昇とともにぐんぐんと生育して繁茂します。垣根や日よけに向き、鉢植えにしてアンドン仕立てもできます。

タネまき~植えつけ

発芽適温は20~25℃と高いので、ハ重桜が咲くころがタネまきの適期です。9cmポットに清潔な土を入れ、2~3粒を5mmほどの深さにタネをまき、たっぷりと水をかけます。発芽まで約10日は乾かさないように注意します。日当たりと風とおしのよい場所で管理して、つるが伸び始めたころに植えつけます。完熟堆肥腐葉土の有機質に加え化成肥料を1㎡当たり30gをすき込み、株間30~40cmで植えつけます。鉢植えでは18~24cmの鉢に2~3株植えが標準です。

管理のポイント

十分に気温が上がってからタネまきしますが、夜冷え込むときは保温して発芽をそろえます。アサガオと同じで、子葉が開いて本葉が伸び始めるとすぐにつるで絡み合うので、本葉が出始めたら早めに植えつけます。9月ころまで栄養生長して株が繁茂するので、しっかりしたネットや支柱を早めに張ります。チッソ肥料が多いと葉が茂りすぎて、花つきが悪くなるので、追肥は様子を見て判断します。アンドン仕立てのタネまきは急がないようにします。

病害虫・生理障害

初期のころのアブラムシやアオムシと、高温乾燥期のハダニに注意して、定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

トレリスに絡ませるとオレンジ色の滝のようになり、道行く人も思わず振り返るでしょう。アンドン仕立てでは室内で楽しむこともできます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

緑のカーテンにも利用できます!

緑のカーテン特集サイトはこちら

ミナ ロバータ
品目 ミナ ロバータ
原産地 メキシコ
科・属名 ヒルガオ科イポメア属

ミナ ロバータを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ミナ ロバータの栽培Q&A

Q花が咲かないうちに、下葉が枯れ始めてきました。
A養分と水分が不足すると下葉が枯れてきますが、栄養状態がよすぎると花つきが悪くなります。下葉の枯れはある程度はやむをえないと思います。花が咲き出すころには、下葉が多少枯れあがってきます。
Qつるの生育は旺盛ですが、花芽がまだつきません。
A短日性開花植物で、10~11月ころに開花します。生育がかなり旺盛でも、短日になり気温が下がり始めれば花芽がついてくると思います。肥料と水やりが多いと花芽ができるものも遅くなるので、肥料は与えずに水やりも控えめにします。
Q8月下旬には株が茂りすぎてしまいました。つるを切り戻してもよいですか。
A秋の開花前に切りつめてしまうと、花つきが悪くなってしまいます。切り戻しはしないで、開花を待ってください。

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.