タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ラベンダー ラベンダーレディ

ラベンダー ラベンダーレディ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ラベンダー ラベンダーレディの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

さわやかな香りのする淡い青紫色の小花をつけた小さめの花穂が、数多く咲き立ちます。春まきで年内に開花する極早咲き品種です。開花期間が長く、鉢やプランターなどのコンテナ植えにも適します。

栽培環境

地中海沿岸原産の多年草です。一般のラベンダーに比べ耐寒性は劣りますが、春まきでも年内に開花する早生系の品種です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。暖かい地域での冬越しは問題ありませんが、真夏の暑さはちょっと苦手です。プランターや12~15cmの鉢植えでも開花する丈夫で育てやすい花です。

タネまき~植えつけ

発芽適温は20℃前後で、真夏と真冬以外はいつでもタネまきできます。清潔な土でを使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱ではバラまきにします。タネが隠れるように5mmほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽まで2週間は乾かさないように注意します。本葉が2~3枚になったころ、肥沃な土に植え替えます。完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質に加え、化成肥料約30g(約1握り)をすきこみ、株間は約30cmで植え付けます。15cm鉢では1本植えが標準です。

管理のポイント

春まきでは暖かく、秋まきでは涼しく、発芽適温に近い環境にしてタネまきします。植え替えた小苗は、日当たりと風とおしのよい場所で、過湿に注意して健康に育てます。暖かい地域の秋の植えつけは早めに終わらせ寒さが来る前の根を十分に張らせ、霜よけをすると安心です。コンテナ植えも風とおしのよい日だまりで管理すると、冬の間もゆっくりと生育して春にはかわいらしい蕾が見え始めます。暖かい地域では、コンテナに植えて涼しい木陰げで夏越しできれば、毎年花を楽しめます。

病害虫・生理障害

春先のアブラムシやアオムシに注意します。

楽しみ方など

本種は観賞用として取扱いしておりますが、ラベンダーは一般的に古代ローマ時代では万能薬として使われいました。現代はオーデコロン、せっけん、入浴剤、ポプリなど主に「香り」を目的に使われています。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ラベンダー ラベンダーレディ
品目 ラベンダー
原産地 地中海沿岸
科・属名 シソ科ラバンデュラ属

ラベンダー ラベンダーレディを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ラベンダー ラベンダーレディの栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aラベンダーはタネが小さく、初期生育が遅いので、育苗して移植します。発芽には適温と適湿と空気(酸素)が必要です。発芽適温は20℃前後です。適温を確保してタネまきします。乾燥した土では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く覆土(タネの2~3倍)し、軽く鎮圧して、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネを乾かさないようにします。
Q生育をよくするには?
A日当たり、風通し、水はけのよいところで栽培します。ラベンダーは酸性を嫌うので、植えつけの2週間以上前に苦土石灰などで酸度調整しておきます。多年生なので、植えつけ前に完熟堆肥を十分施しておきます。植えつけにはたっぷり水やりしますが、その後は乾燥ぎみに育てます。株が込み合ってきたら、下枝を整理して風通しをよくします。プランター栽培もできます。
Q利用方法は?
Aラベンダーは地中海沿岸地方原産で、日本でも最も知られているハーブです。鎮静作用があり、不眠やイライラなどによく効きます。生花はお菓子の飾りや飲み物の香りづけなどに利用します。ドライフラワーにする場合は、満開まで待たずに、開花したらすぐに茎葉を切りとって乾燥させます。乾燥させた花は、香りが長く楽しめ、ポプリや浴剤、ハーブティーなどに利用します。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.