タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. アゲラタム トップブルー

アゲラタム トップブルー

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「アゲラタム トップブルーの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 実咲,実咲シリーズ

特長

切り花向きに改良された品種で花もちもよく、さわやかなブルーは夏向きです。草丈約50~70cm、分枝が多く多花性で開花期も長く、コンテナや花壇にも適します。

栽培環境

メキシコ原産の春まき1年草で、日当たりと水はけのよい場所であれば特に土質も選ばない非常につくりやすい種類です。生育適温は20~25℃ですが、暖かい地域の真夏の蒸し暑さはちょっと苦手なのでこの時期は開花を休ませ、敷きワラなどで地温を下げたりして小まめに手入れをします。窒素分を控え、バランスよく追肥すると霜の降りるころまで咲き続けます。

タネまき~植えつけ

桜の咲くころからがタネまきの適期です。この時期は、晩霜のおそれがあるので夜は保温をすると安心です。タネは非常に細かいので、ピートバンや清潔な培養土を入れた播種箱を使用します。ハガキなどの厚紙を折ってタネを置き、手の甲を軽く叩きながらタネを落すとタネが重ならないようにまくことができます。土はタネが隠れる程度の2mmほどかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽するまでは水やりと保温に注意します。本葉が2~3枚になったころ、根を切らないように注意して小鉢に植え替えます。約一ヶ月後、鉢に根が十分回ったこと、日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料約50g(約2握り)をすき込み、整地します。植えつけは風とおしをよくするため、株間はゆったりと30cm以上にします。60cmの大型コンテナでは2~3本植えが標準です。

管理のポイント

暖かい地域の真夏の時期はどんどん花を切り取り、敷きワラで地温を下げる工夫をすると株を若々しく保つことができます。切り花品種で、草丈は約60cmほどに伸びるので支柱を立てると安心です。元肥追肥の窒素肥料が多いと茎がやわらかくなったり、葉が茂りすぎたり、倒れやすくなったりするので、バランスのよい肥料を株の状態を観察しながら与えます。切っても切っても次々と枝が伸びてきますが、低い位置で切ると強い枝が出てきます。

病害虫・生理障害

気温が高く雨の少ない時期ではハダニがつきやすくなります。ハダニの食害は葉が細かい斑点状に白っぽく変色します。ハダニがつくと樹勢が落ちてくるので定期的に殺虫剤で予防します。

楽しみ方など

夏の暑い時期に涼しげなブルーは切り花として好適で、水揚げも花もちもよいです。小さな花が集まってボール状に咲くので、かわいらしいアレンジにも向きます。60cmほどの草丈になるので花壇の背景や円形の中央に植えると立体的に演出できます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

アゲラタム トップブルー
品目 アゲラタム
原産地 熱帯アメリカ
科・属名 キク科アゲラタム属

アゲラタム トップブルーを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

アゲラタム トップブルーの栽培Q&A

Q葉は茂っているのに、花がまったく咲きません。
Aアゲラタムは窒素肥料が多いと、葉ばかり茂って花がつきにくい性質があります。肥料と水やりを控えて育てれば、これから花が咲いてきます。肥料は、ほかの草花より少なめにします。
Q今までよく咲いていた株が、夏になって花が咲かなくなってしまいました。
A開花時期は7~10月ですが、盛夏は一時咲くのを休みます。夏の暑さにはやや弱いので、半日陰で管理をしましょう。株を切り戻すと、秋からまた咲き始めます。また、夏の好天続きで栄養成長が続き、花芽のつきが遅れていることも考えられます。肥料を少し控えめにして育てましょう。
Q春からプランターで育てていますが、夏に葉が白っぽくなって元気がありません。どうしてでしょうか?
A白っぽい葉の裏側に黒っぽいホコリのようなものがついていたら、ハダニの害が考えられます。
高温乾燥期に発生しやすく、葉裏から吸汁して植物を弱らせます。被害のひどい部分は切り除いて、効果のある登録農薬(殺ダニ剤)を散布します。
Qタネまきのポイントを教えてください。
A暖地:3月上旬~5月、温暖地:3月中旬~5月、寒地・寒冷地:5月上旬~6月がタネまきの適期です。発芽適温は20~25℃、発芽までの日数は5日程です。
タネは細かく好光種子のため、覆土はしないでまきます。タネまきピートバンなどを用いて、水は受け皿から吸水させます。本葉2~4枚のときに移植します。

■同じ品目の他の商品

アゲラタム ブルー ハワイ

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.