タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. クリサンセマム ノースポール

クリサンセマム ノースポール

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「クリサンセマム ノースポールの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

草丈約20cm、花径約3cmの白い花弁に黄色い花芯の花がカーペット状に咲き続けます。寒さに比較的強く、秋まきでは早春から初夏まで長い期間楽しめます。寄せ植えにも適します。

栽培環境

ポルトガル、スペイン原産の半耐寒性1年草です。土質を選ばない丈夫な種類で、日当たりと風とおしのよい場所を好みます。暖かい地域では軽い霜よけで冬越しができ、草丈も低いので、今では寄せ植えに欠かせない品種です。暖かい地域では秋まきにしますが、発芽温度は15~20℃とやや低いです。

タネまき~植えつけ

発芽適温は15~20℃ですが、低い温度の方が発芽がよいので、暖かい地域ではススキの穂が盛りのころ、寒い地域では桜の便りが聞かれるころにタネまきします。タネは小さく細かいので風で飛ばされないように注意します。ピートバンや播種箱に清潔な用土を入れ、タネが重ならないようにバラまきにした後、タネが隠れる程度の土をかぶせ、ゆっくりと丁寧に水やりします。ハガキなどの厚紙を半分に折ってタネを置き手の甲を軽くたたきながらタネを落すと比較的均等にまくことができます。本葉が2~3枚になったころ肥沃な土を入れた小鉢に植え替えます。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)をすき込み、株間は約20cmにします。コンテナでは60cmの大きさで3~5株が標準です。

管理のポイント

比較的低い温度で発芽するので、秋まきでは木陰の風とおしのよいところで発芽させます。発芽後は風とおしのよいところで水やりを控えて健康な苗に育てます。秋植えでは早めに終わらせ、寒さの厳しいときは霜よけをすると安心です。花壇植えでは広がるような草姿になるので、寄せ植えなど株間を十分にとります。

病害虫・生理障害

植えつけのとき、ヨトウムシやネキリムシに注意します。ヨトウムシやネキリムシは昼間は土の中にいます。食害にあった株元を注意して掘ると見つけることができます。春の気温上昇とともにアブラムシがつくので定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

草丈約20cm、花径約3cmの純白の花は、花壇でもコンテナでも寄せ植えにすると互いが競い合うようで見事です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

クリサンセマム ノースポール
品目 クリサンセマム
原産地 北アフリカ ヨーロッパ
科・属名 キク科レウカンテムム属

クリサンセマム ノースポールを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

クリサンセマム ノースポールの栽培Q&A

Q冬になったら葉が枯れて、苗が傷んできました。
Aノースポールとムルチコーレでは性質が異なります。ムルチコーレは寒さにやや弱く、地域によっては防寒が必要です。一方、ノースポールは秋の定植で冬の寒さに耐えられるほどですが、過湿を嫌います。
Q茎が伸び上がって株の姿が悪く、花つきがよくありません。
A株が徒長しているようです。日照不足や、水の与え過ぎが原因と考えられます。窒素肥料の過剰も花つきを悪くします。水やりを控えてよく日にあててください。伸びすぎの枝は、短く切りつめてください。
Q定植するタイミングを教えてください。
A本葉3~4枚になり、ポット全体に根がまわるころに定植します。株張りがしっかりしてくれば、定植しても構いません。
Qタネまきのポイントを教えてください。
Aタネは細かい粒で好光性種子なので、覆土はしません。タネ皮がよく水を含むよう、タネをまいた後には軽く手で押さえておくとよいです。発芽適温は15~20℃で、約1週間くらいで発芽します。

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.