タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ゴデチヤ ライラックブロッサム

ゴデチヤ ライラックブロッサム

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ゴデチヤ ライラックブロッサムの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

特長

春を思わせるふんわりとした草姿と花色が魅力の品種です。花径約6cm、株元から枝が多く伸び、先端部に淡い赤紫色の花が次々と開花します。花壇やコンテナ植えに適します。

栽培環境

極端な暑さ、寒さを嫌う半耐寒性1年草です。暖かい地域では秋まき、寒い地域では春まきにしますが、春のタネまきが遅れると貧弱な株で咲いてしまうので注意します。植えつけは日当たりと水はけのよい場所を好みます。

タネまき~植えつけ

発芽適温は20℃前後です。寒い地域では保温しながら早春のころ、暖かい地域ではススキの穂が出始めるころにタネまきします清潔な用土を使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつまき、播種箱ではタネが重ならないようにバラまきにしてタネが隠れるように約2mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽まで乾かさないように注意します。本葉が2~3枚になったころ肥沃な土を入れた小鉢に植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質を中心にすき込み、深く耕し株間25~30cmで植えつけます。

管理のポイント

小鉢での管理は風とおしのよい場所で、水やりをやや控え苗が徒長しないようにします。元肥完熟堆肥腐葉土ピート類の有機質を中心にして、化成肥料は春先に様子を見て追肥で使います。地際をかたく育てるには風とおしをよくすることが大切で、株間は25~30cmは必要で、60cmほどの大型のコンテナでは3株、15cm鉢では1株が標準です。秋の植えつけは早めに終わらせ、寒さの厳しいときは霜よけをすると安心です。寒い地域では夏まきにして鉢植えで苗を育て、土の凍らないところで冬越しし、早春のころ植えつけるとボリュームのある株に育ちます。

病害虫・生理障害

春の気温上昇とともにアブラムシやアオムシがつくので、定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

ふんわりとした草姿と花色の魅力は初夏の太陽の下で輝きます。どんな花ともマッチするので、コンテナや鉢植えにして寄せ植えにしたり、配置を変えたりと楽しさが倍増します。やわらかい雰囲気もあり、つり鉢や壁かけにして楽しめます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ゴデチヤ ライラックブロッサム
品目 ゴデチヤ
原産地 北アメリカ
科・属名 アカバナ科クラーキア属

ゴデチヤ ライラックブロッサムを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ゴデチヤ ライラックブロッサムの栽培Q&A

Q春になってから、株全体が急にしおれて枯れてしまいました。
A立枯病が考えられます。病原菌は土のなかにいて、暖かくなるころに発生します。効果のある殺菌剤は、花き類・観葉植物で登録された薬剤を散布します。被害株は早めに処分してください。過湿だと多く発生しますので、水はけのよい土で育てます。
Q毎年庭の同じ所で育てていますが、以前のようによく育ちません。
A毎年同じ花壇に植えると、土中にゴデチャの病原菌が増えて病気が多く発生したり、同じ肥料成分が不足して生育が悪くなります。これを連作障害といいます。土壌改良剤を用いたり、土を新しいものに替えるなどの対策をします。
Q冬の寒さで、苗が傷んでしまいました。
A小苗は庭植えなら、穴のあいたビニールや不織布で、トンネルをかけて防寒します。鉢植えは日の当たる軒下に置くか、同様な資材で簡易フレームをつくるとよいでしょう。
Q秋まきし年内にポットに植えつけました。徒長ぎみの成育で倒れや分枝があります。
A深植えしないように注意をし、定植後2週間ほどしたら摘芯します。摘芯後に適量の施肥・わき芽や分枝はそのままにします。ある程度の大きさになったら倒状防止のため支柱を立てます。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.