タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ストック 切り花用 早生系 混合

ストック 切り花用 早生系 混合

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ストック 切り花用 早生系 混合の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

香りが強く切り花向けに改良された品種です。側枝の出にくい1本立ちの茎からたくさんの大輪の花が咲き、ボリュームがあります。豪華な八重咲きと清楚な一重咲きのカラフルな混合種です。

栽培環境

地中海沿岸原産の半耐寒性1年草です。比較的耐寒性が強く、肥沃で日当たりと水はけのよい場所を好みます。寒い地域では夏や早春のころ、暖かい地域では秋にタネまきします。

タネまき~植えつけ

寒い地域では6~7月ころ、暖かい地域では8~9月ころがタネまきの適期です。夏~秋まきでは涼しいところで、早春では保温して速やかに発芽するようにします。清潔で水はけのよい土を使い、128穴のセルトレーでは2粒ずつまき、播種箱では3cm間隔で2粒を点まきにして、5mmほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽後は日当たりと風とおしのよいところで苗が徒長しないようにやや乾かしぎみに管理します。本葉が1~2枚になったころ1本に間引き、肥沃で水はけのよい土を入れた小鉢に植え替えます。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質に加え、化成肥料約30g(1握り)、苦土石灰100gほどを入れ、深く耕し株間約15cmで浅植えにします。

管理のポイント

直根性なので植え替え前に1本に間引き、根を切らないように注意して小鉢に浅植えにします。小鉢は日当たりと風とおしのよいところで、乾かしぎみに管理します。植えつけは根鉢を壊さないように注意して浅植えにしてたっぷり水やりします。伸び始めたころから、苗が倒れないように早めに支柱を立てます。

病害虫・生理障害

初期のころよりコナガによる食害が多いので植え替えの用土や植えつけ場所に粒状の殺虫剤を入れ、また定期的に薬剤散布します。コナガの食害は先端部分につき、正常に葉が開かないので分りやすいです。見つけたら生長点を軽く摘んで殺虫することもできます。

楽しみ方など

ストックは一重の株と八重の株がほぼ1:1に混ざっています。本葉が出始めるころに八重鑑別することができます。花屋さんでは手に入らない一重の花も、大根の花によく似てかわいらしい感じを受けます。八重鑑別に挑戦して見てはいかがでしょう。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ストック 切り花用 早生系 混合
品目 ストック
原産地 地中海沿岸
科・属名 アブラナ科アラセイトウ属

ストック 切り花用 早生系 混合を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ストック 切り花用 早生系 混合の栽培Q&A

Q苗が小さいうちに、八重咲きと一重咲きの区別ができますか?
A完璧ではありませんが、発芽後の双葉の形態で判別が可能です。八重咲きは発芽が早くて双葉が大きく、やや長形で葉色が淡色です。一重咲きは発芽が遅くて双葉が小さく、丸形で葉色が濃い傾向があります。
Q摘芯で枝数を多くして、たくさんの花を楽しむことができますか?
Aストックにはわき芽のある分枝系品種と、まったくない一本立ち系品種があります。一本立ち系はボリュームのある花穂で切り花に見事ですが、摘芯をすると側枝が全く伸びないので花が咲きません。分枝系(スプレー咲きも含む)は、摘芯によって枝数を増やせます。
Qまいたタネが発芽してきましたが、双葉に奇形のものがあります。
A双葉が変形していたり1枚葉の場合でも、芯に芽があれば生育開花します。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.