タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. スターチス 切り花用 ゴールデン

スターチス 切り花用 ゴールデン

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「スターチス 切り花用 ゴールデンの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

ドライフラワーとして人気があり、花といわれているところはと呼ばれ、本当の花は中心部の小さな白の部分です。草丈は約60cm、株元から多くの茎が伸び、鮮黄色の花穂は約5~10cmになります。

栽培環境

地中海沿岸原産の耐寒性1年草です。耐寒性は比較的強いですが、暖かい地域の夏の暑さはちょっと苦手です。日当たりと水はけのよい場所を好み、暖かい地域では秋、寒い地域では春にタネまきします。

タネまき~植えつけ

春まきは桜の便りが聞かれる早春のころに、秋まきは涼しさを感じるころにタネまきします。ピートバンや播種箱に清潔な土を入れ、タネが重ならないようにバラまきにして、2mmほどの土をかぶせたっぷりと水やりします。本葉が2~3枚になったころ肥えた土を入れた小鉢に植え替え、日当たりと風とおしのよいところで苗が徒長しないように管理します。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質を中心に化成肥料約50g(約2握り)をすき込み、株間25~30cmにします。

管理のポイント

発芽適温は20℃前後です。早春の夜間は保温して、秋まきでは風とおしのよい涼しい場所で速やかに発芽するようにします。植えつけは化成肥料が多いと軟弱に育ち、倒れやすく草姿が乱れるので、完熟堆肥腐葉土ピートを多めに入れて深く耕し、水はけをよくします。秋の植えつけは早めに終わらせ、寒さが来る前にしっかりと根を張らせます。寒さの厳しい地域では霜よけをすると安心です。大きめのコンテナでは3株、18cm鉢で1株植えが標準で、草丈は60cm以上に伸びるので支柱を立てます。

病害虫・生理障害

気温の上昇とともにアブラムシやアオムシの害虫と、葉に大きな斑点が出る炭そ病高温乾燥期にはハダニのおそれがあるので、定期的に殺虫剤、殺菌剤を散布します。

楽しみ方など

花といわれているところは””と呼ばれ、ガクの変形で、本当の花は中心部の小さな白や黄色が花です。この花が十分に開いてから切って、風とおしのよい日陰で逆さまにつり下げドライフラワーにします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

スターチス  切り花用 ゴールデン
品目 スターチス
原産地 地中海沿岸
科・属名 イソマツ科イソマツ属

スターチス 切り花用 ゴールデンを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

スターチス 切り花用 ゴールデンの栽培Q&A

Q葉に褐色の斑点が広がって、枯れてきています。
A褐斑病が考えられます。褐斑病は秋や春に土壌が多湿だと発生しやすく、雨による泥はねにより多発します。病葉は早めに取り除いてください。水はけのよい用土で育て、水やりは株の上からかけないようにします。
Qドライフラー用には、どの程度咲いた花枝を切るとよいですか?
A房状小花の白い花弁が咲いて、茎がかたくなってから切ります。やわらかい若枝ではしおれて花もちが悪く、ボリュームもありません。
Q秋遅くタネをまいたので、冬は暖かい室内で育て、春暖かくなってから庭植えにしました。株はよく繁っているのに、ほとんど花が咲きません。
Aスターチスは苗が一定の大きさに育ってから、低温にあうことで花芽ができ、その後暖かくなると花茎が生長します。暖かい場所でずっと育てていたために、花芽が形成されなかったと考えられます。遅まきの小苗でも葉数が増えてきたら、徐々に低温にならすことが必要です。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.