タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダリア ポンポンミックス

ダリア ポンポンミックス

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダリア ポンポンミックスの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

タネから育てる切り花用のダリアです。草丈約60cm、真っすぐに伸びた茎の先に花径約5~6cmのポンポン咲きの花が咲きます。茎は細く見えますがとてもかたく、切り花に向きます。

栽培環境

メキシコ原産の多年草です。春まきで夏ごろから開花する早生系の切り花用のダリアで、霜の降りるころまで咲き続けます。土質を選ばない丈夫な花ですが、日当たりと水はけのよい場所を好みます。開花期間が長いので定期的に追肥します。暖かい地域では球根ができて、翌年にも開花します。

タネまき~植えつけ

桜の咲くころがタネまきの適期ですが、発芽適温は20~25℃と高く、夜間は室内で保温して発芽を待ちます。清潔な土を使い、128穴のセルトレーでは2粒ずつまき、播種箱では5cm間隔で2~3粒まいて、5mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。1週間ほどで発芽します。本葉が2~3枚になったころ1本に間引き、根を切らないように注意して、肥えた土を入れた小鉢に植え替えます。日当たりと風とおしのよい場所で、水やりに注意して健康な苗にします。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質に加え化成肥料約50g(約2握り)、苦土石灰100gほどを入れ、深く耕し株間約30cmにします。

管理のポイント

高い温度管理すると、タネまきから植えつけまで短い期間でぐんぐんと生育します。作業が遅れないように適時進めます。植えつけは有機質を多めに入れて、長い期間観賞するので元肥も多めにすき込みます。株元から伸びる茎は細く見えますが、非常にかたく次々と伸びてきます。ダリアは多くの肥料を桜の咲くころに定期的に化成肥料を5~10gほど追肥をします。暖かい地域では、株は自然にに枯れて球根が越冬して翌年に再び開花し、寒い地域では球根を掘り起こし、凍らない乾燥しにくいところで保管して翌年植えることもできます。

病害虫・生理障害

初期のころのアブラムシやアオムシ、高温乾燥期のハダニの害虫のほかにうどんこ病の予防を心がけます

楽しみ方など

茎は細く非常にかたいので主に切り花として利用します。気に入った花が見かければ掘り起こして増やすこともできます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ダリア ポンポンミックス
品目 ダリア
原産地 メキシコ
科・属名 キク科ダリア属

ダリア ポンポンミックスを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ダリア ポンポンミックスの栽培Q&A

Qタネから育てたダリアの中で、気にいった花が咲きました。この花を殖やすことができますか?
Aダリアは球根植物で、晩秋には地中に球根ができます。球根を冬は凍らない場所で保管して春に分球をすると、同じ花を殖やすことができます。晩春から夏に伸びている芽を、挿し木することもできます。
Q夏に株の生長が悪くなってしまいましたが、これからよい花を咲かせたいです。
A高温期には生育が衰えて、よい花が咲きにくくなります。気温が下がってくると回復し、また美しい花が咲きます。夏の終わりころに株を半分くらいに切り詰めて、追肥をしてください。
Qいくつも伸びてきた蕾が、なかなか大きくならず咲きません。原因はなんでしょうか?
Aチャノホコリダニの被害が考えられます。夏~秋に発生して葉、花、蕾に寄生します。被害にあった蕾は生長しないで、やがて枯れてしまいます。被害にあった花や蕾は取り除いて、登録農薬(殺ダニ剤)の適正使用で防除します。

■同じ品目の他の商品

ダリア (球根)ダリア フィガロ

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.