タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 初雪草 氷河

初雪草 氷河

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「初雪草 氷河の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

先端部の葉がさわやかな白覆輪に発色し、緑色との対比が美しく、夏の花壇に涼しさを感じさせます。タネまき後約60日で発色を始める極早生種です。花はあまり目立ちませんが、切り花としても利用できます。

栽培環境

北アメリカ原産の春まき1年草です。ポインセチアと同じ仲間です。日当たりと風とおしのよい環境を好みます。乾燥する場所は苦手で、植えつけには完熟堆肥腐葉土の有機質を多めにすき込み、水もちをよくします。花は目立たないですが、葉を観賞し、切り花としても利用できます。

タネまき~植えつけ

桜の散り始めるころがタネまきの適期です。早い時期は、温度の低い夜間は、保温して発芽をそろえます。移植を嫌うので、直まきにするか、ジフィーセブンや9cmポットに2~3粒のタネを1cmほどの深さにまき、たっぷりと水やりします。発芽後は1本に間引きます。日当たりと風とおしのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質をすき込み、株間30~50cmで植えつけます。乾燥を嫌うので、敷きワラをして防ぎます。大きな株になると倒れやすくなるので、支柱を立てたり土寄せをします。

管理のポイント

植えつけは株間を広くとり風とおしをよくします。5~6節で摘芯すると、わき枝が多く、草丈をやや低くでき、ガッチリした株に育ちます。

病害虫・生理障害

非常に丈夫で病害虫は少ないですが、高温乾燥期にハダニがつくことがあります。

楽しみ方など

夏の庭にさわやかな彩りと涼しさを演出できる花です。草丈は70~80cmになるので、花壇の背景に適します。24~30cmほどの大きいコンテナに植えると、存在感のある鉢物になります。切り花では、切り口からでる乳液でかぶれることがあるので注意します。流水で乳液を取り除くと、水揚げもよくなります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

初雪草 氷河
品目 ハツユキソウ(初雪草)(ユーホルビア)
原産地 北アメリカ
科・属名 トウダイグサ科ユーフォルビア属

初雪草 氷河を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

初雪草 氷河の栽培Q&A

Q花後にできたタネをとれば、殖やすことができますか?
Aハツユキソウは1年草です。花後にできたタネをとり、来春まで保存して、翌春にまきます。
Qハツユキソウのタネをまきましたが、双葉のときに食べられてしまいました。どうすればよいですか?
Aハツユキソウはナメクジ、ダンゴムシ、コオロギなどに、芽を食べられることがあります。予防としては、まき床を直接地面(床)に置かないで、害虫が登れないように棚の上に置きます。被害を受ける前に、登録農薬(殺虫剤)の適正使用で防除します。

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.