タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ホリホック サマーカーニバル

ホリホック サマーカーニバル

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ホリホック サマーカーニバルの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花径約12cmの大輪で、八重咲きの花を多数つけます。春まきでも年内に開花する性質をもつ品種です。草丈約150cmで、地際から力強い茎が伸び、花が咲きます。豊富な色彩の混合種です。

栽培環境

中国原産の多年草です。寒い地域では早春のタネまきで夏に開花する1年草の性質をもちます。暑さ寒さに強い丈夫な花で、日当たりと水はけのよい環境を好みます。草丈が150cmほどの伸びるので、株間を十分に広げて株元に光を当て、根をよく張らせます。

タネまき~植えつけ

春まきで約100日で開花しますが、寒い地域では早春のころにまきます。暖かい地域では春まきよりも秋まきでじっくりと育てた方がよい結果が得られます。タネまきは直まき、ポットまき、播種箱点まきにして移植の3通りの方法がありますが、ここでは簡単でよい結果が得られるポットまきを中心に説明します。9cmポットに土をつめて、2~3粒のタネを5mmほどの深さにまいて、たっぷりと水やりします。発芽まで約2週間、日当たりと風とおしのよい場所で管理します。発芽後丈夫な苗を残し1本に間引きします。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)、苦土石灰50~100gを深くすき込み、株間30cmで植えつけます。

管理のポイント

寒い地域の春まきでは夜間気温が下がるので、保温して速やかに発芽させます。タネまき用土は、清潔で肥えた土に水はけをよくするために赤玉土の小粒を20%ほど混ぜます。発芽まで約2週間は乾かせないように注意します。根鉢(根が十分に張り鉢の形になる状態)がしっかりしたころ植えつけます。暖かい地域の秋の植え付けは早めに終わらせ、1年目は霜よけをすると安心です。直まきは気温が十分に上がってから、ネキリムシやヨトウムシに注意して行います。

病害虫・生理障害

非常に丈夫で病害虫は少ないですが、直まきや植えつけの時ネキリムシやヨトウムシに注意します。ヨトウムシは大きくなると殺虫剤の効果が弱くなるので、見つけしだい捕殺します。

楽しみ方など

草丈が約150cmに伸びるので、花壇の背景に向きます。多年草ですので計画的に植えましょう。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ホリホック サマーカーニバル
品目 ホリホック
原産地 中国、シリア
科・属名 アオイ科タチアオイ属

ホリホック サマーカーニバルを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ホリホック サマーカーニバルの栽培Q&A

Q秋にタネをまきました。春に生育はよいのですが、開花しません。
A冬までに苗が一定の大きさに育っていないと、翌年花が咲きません。また、窒素過多では蕾つきも悪くなり、株だけ大きくなります。
Q花が咲き終わった株の元に、芽が育っています。説明に多年草と書いてありますが、このままで宿根しますか?
A花が咲き終ったら、葉のついている一番上のところで、花茎を切ります。秋になると株元の芽が生長してきます。老化した株は、夏越ししにくいので、日本では2~3年で更新するのが一般的です。

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.