タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. リビングストンデージー ルミネ

リビングストンデージー ルミネ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「リビングストンデージー ルミネの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

栽培環境

南アフリカ原産の半耐寒性1年草です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。特に過湿を嫌うので、水やりに注意します。暖かい地域では、直接霜の当たらない日だまりの石垣などに植えると、早春のころから開花します。

特長

草丈は約15cm、株張り約25cmで次々と分枝し、輝くような光沢のある黄色い花が咲き続けます。花は日に当たると開き、曇りや雨の日は閉じます。寒さにはあまり強くありませんが、乾燥に強い多肉植物です。

タネまき~植えつけ

発芽適温は20℃前後です。日だまりの暖かいところで、夜間冷え込むときは保温して発芽をそろえます。暖かい地域では秋まきにして、直接霜の当たらない日だまりで冬越しすれば、早春のころから花が見られます。好光性種子で、タネまき後の土はかけません。ピートバンや播種箱に清潔な土を入れ、タネが重ならないようにバラまきし、底面給水や霧吹きで水を与えます。タネは非常に細かいので、葉書などの厚紙を半分に折って、タネを置き手の甲を軽くたたいてタネを均等に落とします。本葉が2~3枚になったころ、肥沃な土を入れた小鉢に苗がぐらつかないよう、やや深植えにして植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡あたり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)、苦土石灰100gほどを入れて深くすき込み、高うねにして株間約20cmで植えつけます。

管理のポイント

暖かい地域の秋まきは、涼しくなってからタネまきします。特に冬越しの寒さに注意してしっかりと保温して管理します。多肉植物で特に過湿に弱いので、植え替えやコンテナ植えの土は水はけをよくするため赤玉土の小粒を20%ほど混ぜます。地際が伸びる性質があるので、株がぐらつかないようにやや深植えにします。日当たりと風とおしのよい場所で過湿に注意して健康に育てます。大きめのコンテナでは5~10株、15cm鉢では1株植えが標準です。観賞期間が長いので株の様子を見ながら、窒素分の少ない肥料を追肥します。

病害虫・生理障害

アブラムシやアオムシに注意をして、定期的に薬剤散布します。清潔なタネまき用土を使用し、過湿による根腐病に注意します。

楽しみ方など

花壇やコンテナ、寄せ植えに適します。生育すると、つり鉢や壁掛けにして楽しめます。日中は花が開きますが、夜や雨降りのときは花が閉じます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

リビングストンデージー ルミネ
品目 リビングストンデージー
原産地 南アフリカ
科・属名 ツルナ科ドロテアンサス属

リビングストンデージー ルミネを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

リビングストンデージー ルミネの栽培Q&A

Q生長期なのに苗の生育が悪く、株がまだ小さいです。どのように管理をしたらよいでしょうか?
A養分不足が考えられます。肥えた用土を好みますが、窒素分が多いと軟弱に育って花つきが悪くなります。窒素分の少ない液肥を追肥として定期的に与えてください。
Q庭植えの株が蕾が見え始めたころから元気がなくなって、やがて株元から腐ってしまいました。
A根腐れと思われます。リビングストンデージーは、多肉質の茎葉をもち、乾きには強いですが、土が過湿だと根が腐ってしまい、株全体が枯れてしまいます。庭植えは、水はけのよい場所に植えるようにします。

■同じ品目の他の商品

リビングストンデージー 美色混合

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.