タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. わすれな草 ドワーフ ミックス

わすれな草 ドワーフ ミックス

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「わすれな草 ドワーフ ミックスの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花径約1cmの極小輪で、かれんな花が草丈約30cmの半球形のコンパクトな株に穂のように咲きます。花壇やコンテナ栽培に適します。青・桃・白の3色の混合種です。

栽培環境

ヨーロッパ原産の耐寒性1年草です。積雪地帯では雪の下でも越冬するほど耐寒性が強く、丈夫で育てやすい花です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。早春のころから咲き始めます。長い期間咲き続けるので、定期的に追肥します。

タネまき~植えつけ

ススキの穂が出始める夏から秋がタネまきの適期です。寒い地域では早春のころにしっかりと保温してタネまきし育苗します。清潔な土を使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱ではタネが重ならないようにバラまきにします。タネが隠れるように5mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。約2週間乾かさないようにして、風とおしのよい涼しい場所で発芽を待ちます。本葉が2~3枚になったころに肥えた土をいれた小鉢に植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)をすき込み、株間20~30cmで植えつけます。

管理のポイント

生育適温は15~20℃で、涼しい環境でよく生育します。植え替えやコンテナ植えの土は、水はけと水もちをよくするため赤玉土の小粒と腐葉土を各20%ほど混ぜます。日当たりと風とおしのよい場所で、過湿に注意して健康な苗に育てます。大きめのコンテナで5~6株、15cm鉢では1株植えが標準です。暖かい地域の秋の植えつけは早めに終わらせ、寒さが来る前に根を十分に張らせます。寒い地域ではしっかりと霜よけをして保温します。寒い地域でも、鉢植えにして土の凍らない場所で管理し早春に植えつければ、しっかりした株で開花します。低温乾燥が続くと葉が傷むので、水やりに注意します。

病害虫・生理障害

春の気温の上昇とともにアブラムシ、アオムシに注意して、定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

暖かいところで管理すれば、3月には開花が始まります、かわいらしくラッピングしてプレゼントすると、喜ばれるでしょう。水揚げと花保ちがよいので一輪挿しにもなります。条件がよいと翌年もこぼれダネが発芽してきます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

わすれな草 ドワーフ ミックス
品目 ワスレナグサ(わすれな草)
原産地 ヨーロッパ
科・属名 ムラサキ科ワスレナグサ属

わすれな草 ドワーフ ミックスを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

わすれな草 ドワーフ ミックスの栽培Q&A

Q枝を多くして、花をたくさん咲かせたいです。摘芯をしてもよいですか?
Aわい性種は一般には摘芯をしません。秋のうちに十分肥培することで、自然によく分枝してこんもりとした株に育ちます。高性の切花種は秋の育苗期に摘芯して、分枝を図ってもよいです。
Q耐寒性はありますか?冬の管理での注意点を教えてください。
A耐寒性はありますが、強い霜などに当たると株が傷むので、株元を腐葉土や敷きワラなどで覆ったり、不織布をトンネルかけして保護します。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.