タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. アクロクリニューム(花かんざし)

アクロクリニューム(花かんざし)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「アクロクリニューム(花かんざし)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

特長

ドライフラワーとして親しまれている品種。分枝が旺盛で、草丈60cm前後、まっすぐに伸びた茎の先端に花径5cmほどの光沢ある濃桃系の花が1輪ずつ咲きます。夜になると花は閉じます。

栽培環境

オーストラリア原産の耐寒性1年草です(ドライフラワーに利用される花はオースロラリア原産が多いです)。一般的に春まきにしますが、暖かい地域では秋まきもできます。植えつけは特に水はけのよい場所かやや高うねにします。

タネまき~植えつけ

桜の開花するころがタネまきの適期です。タネは綿毛に覆われていて水をはじく性質があるので湿った砂や土でよく揉んでタネが吸水できるようにします。ピートバンや清潔な土を入れた播種箱に5mmほどの深さにタネが重ならないようにバラまきにしてたっぷりと水やりします。タネまき後約30~40日で本葉が2~3枚ほどになるので、根を切らないように注意して小鉢に植え替えます。植えつけは水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料約30g(約1握り)、苦土石灰50~100gをよくすき込み、やや高うねに整地した後、株間約30cmで深植えにならないようにします。

管理のポイント

タネまき後や植え替え後の水やりは、加湿にならないように(加湿による根腐れ)注意します。秋まきでは早めに植えつけて、寒さが厳しくなる前に十分に根を張らせ、霜よけをすると安心です。植えつけ場所は日当たりのよい場所で元肥はやや控えめに入れます。酸性土を嫌うので必ず苦土石灰を入れて、PHを6.5以上に調整します。また、株元から多くの枝が出るので、特に風とおしをよくするために株間は30cm以上ゆったりと植えます。

病害虫・生理障害

気温の上昇とともにアブラムシやアオムシがつきやすくなります。また、梅雨時には高温多湿により灰色かび病(花ボト)や地際部分の加湿による菌核病の発生があるので定期的に殺菌剤、殺虫剤を散布します。植えつけ後ネキリムシの食害に注意します。

楽しみ方など

秋まきに比べて春まきはやや分枝や草丈などのボリュームは劣りますが、ローズ、ピンク、ホワイトなどの色幅が花壇やコンテナを彩ります。ドライフラワーとして色鮮やかに作るには、切り取った後一気に束ねて風とおしのよい日陰に逆さにつるします。4~5日は開いたり閉じたりしますがだんだん開いた状態になります。ローダンセやラグラスなどのドライフラワーアレンジも楽しいです。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

アクロクリニューム(花かんざし)
品目 アクロクリニウム(花かんざし)
原産地 オーストラリア
科・属名 キク科ハナカンザシ属

アクロクリニューム(花かんざし)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

アクロクリニューム(花かんざし)の栽培Q&A

Qドライフラワーのつくり方を教えてください。
A花が開く前に切ります。葉を取り除いた花茎を束ねて、雨の当たらない日陰で逆さにつるして乾燥させます。日なたで乾燥させると、花色がわるくなるので注意します。
Q水やりはどの程度がよいのですか?
A過湿は不向きです。鉢植えは水はけのよい土で植え、土が乾き始めてから水やりします。庭植えは水はけと日当たりが良好な場所で、乾きぎみに育てます。
Q秋まきして花壇で順調に育っていましたが、3月ごろになって急に株全体がしおれ、やがて枯れました。原因は何ですか。
A土壌の過湿による根腐れと思われます。春に雨が多いと発生しやすいので、高畝にして発生を防ぐことが必要です。

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.