タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. アリッサム 混合

アリッサム 混合

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「アリッサム 混合の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

小さな花が集まった手まりのような花房で覆われる草姿と、ほのかな香りが魅力です。極端な暑さと寒さは苦手ですが、開花期間も長く、花壇やコンテナガーデンに適します。

栽培環境

温暖な気候の地中海沿岸原産の耐寒性1年草です。寒さには強いですが、暖かい地域の夏の暑さには弱いです。土質は特に選ばない丈夫な種類ですが、有機質を多く含んだふかふかとした土では根の張りがよく、丈夫に育ちます。秋植えでは厳しい寒さの来る前に植えつけ、冬の霜の多い地域では霜よけや敷きワラで保温すると安心です。

タネまき~植えつけ

暖かい地域では秋風を感じるころ、寒い地域では桜の咲くころがタネまきの適期です。タネは細かいので、ピートバンや清潔な用土を入れた箱にタネが重ならないように薄くバラまきにして、2mmほどタネが隠れるように土をかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽までの約1週間は乾かさないように注意します。本葉が2~3枚になったころ、小鉢に植え替えます。市販の培養土腐葉土20%、赤玉土の小粒を30%ほど加えた土を使うと根張りのよい株になります。日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料約50g(約2握り)、腐葉土約1/3袋をすき込み整地して、株間約30cmで植えつけます。60cmの大型コンテナでは4~5株が標準です。

管理のポイント

小苗の時期から花をつけ、咲きながら生育して長い期間開花する性質があるので、定期的に追肥します。植えつけ前の小鉢の時期でも1000倍ほどの薄い液肥を与えます。秋植えでは、早めに植えつけて厳しい寒さが来る前に十分根を張らせます。寒さの厳しいときは霜よけなどで保温すると安心です。寄せ植えによく使われますが、密植に植えると地際がやわらかくなり、ぐらつくので株間は十分にとります。

病害虫・生理障害

真冬の寒い時期を除いて、コナガの食害が多いです。定期的な薬剤散布のほかに、植え替え用土や植えつけ場所に顆粒状の殺虫剤を置くと効果が持続します。密植にすると風とおしが悪くなり菌核病が出るので注意します。

楽しみ方など

各枝に小さな花が密集する草姿とほのかな香りがあり、最も寄せ植えに適した種類の一つです。花色の異なる株を一緒に植え込むと1株から咲き分けしているようにかわいらしく演出できます。やわらかな感じの姿は、つり鉢や壁かけにしても見栄えがします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

アリッサム  混合
品目 アリッサム(スイートアリッサム)
原産地 地中海地方
科・属名 アブラナ科ロブラリア属

アリッサム 混合を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

アリッサム 混合の栽培Q&A

Q花後の株は、どのような手入れをするとよいでしょうか?
A開花時期は6月ごろまでです。花の終った後に軽く切り戻しすれば、秋から再び花が咲きます。高温多湿に弱いため、通常は一年草として扱いますが、冷涼な場所では多年草として育ちます。
Q夏越しした株は、どのように育てるとよいですか?
A暑さに弱いため、一般には一年草として扱われますが、本来は多年草です。夏越しできるところでは、花の終った後に軽く刈り込み、秋の生育期に追肥を施します。暑い夏をいかに越すことができるかがポイントです。
Q花が咲き始めましたが、下葉から黄色くなって株が大きく育ちません。
Aアリッサムは小苗のときからよく花をつけます。蕾の生育や開花のために養分が使われるので、不足すると、株が生育できず下葉が黄変してきます。定期的に追肥を施して肥料が不足しないように育てます。
Q植替えはできますか。
A直根性なので、移植をあまり好みません。移植する場合は本葉が2~3枚の時期までに、根を切らないようにして植え替えを行います。
Qどのような土を好みますか。
A酸性土を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰などでpH 調整をします。また、水はけのよい土を好みます。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.