タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 羽毛けいとう 切り花用 混合

羽毛けいとう 切り花用 混合

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「羽毛けいとう 切り花用 混合の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

切り花に向く華やかな色彩で、花穂の長い羽毛系の混合品種です。茎は約80cmほどに伸びて緑軸や赤軸になります。株間を広げて植えると花壇向けに、密植にすると切り花向きになります。

栽培環境

熱帯アジア、インド原産の春まき1年草です。真夏の暑さや乾燥にも強く丈夫な種類です。発芽温度は25℃前後と高いので十分気温が上がってからタネまきします。日当たりと水はけのよい場所を好みます。生育は非常に早く、タネまき後約2か月で見ごろになるので、植えつけは完熟堆肥腐葉土の有機質を多めにすき込みます。

タネまき~植えつけ

発芽適温は25℃前後と高いので、八重桜が散り始めるころからタネまきします。72穴のセルトレージフィーセブンに3~5粒のタネをまきタネが隠れるように約2mmほど土をかぶせたっぷりと水やりします。発芽するまで遅霜などに注意します。発芽後はしっかりした苗を残し1本に間引きます。本葉4~5枚のころ直接花壇やコンテナに植えつけます。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋、化成肥料約30g(約1握り)をすき込み、株間は約30cmで植えます。播種箱バラまきの場合は、本葉2~3枚の小苗の時期に根を切らないように注意して小鉢に植え替えます。気温が高くなる初夏のころでは直まきもできます。

管理のポイント

タネまき用土が悪かったり、小鉢に植え替るときに根が傷んだり、植えつけが遅れて苗が老化するなど、小苗の時期にトラブルがあるとすぐに花をつけて生育が悪くなるので注意が必要です。ケイトウは若苗の植えつけが原則で、根つくまで乾かさないように多めに水やりします。株間を十分に広げて株元に光を当て、風とおしをよくすると根張りがよくなり、分枝が多くボリュームのある株に生育します。コンテナに植えて雨の当たらないところで管理すると色あせが少なく観賞期間が長くなります。

病害虫・生理障害

アオムシ、ヨトウムシ、ネキリムシなど食害の大きい害虫がつきやすいです。このような害虫は大きくなると殺虫剤の効果が低くなるので、早い時期から予防します。連作は生育障害が出るので避けます。

楽しみ方など

輝くような花穂はボリュームがあり、花壇だけでなくコンテナに植えても見栄えがします。わい性品種の「きもの」と植えると立体的な庭を演出できます。夏まきにすると秋の気温の低下とともに色あせも少なく、よりいっそう花穂の色がよくなります。水揚げもよいので切り花にもなります。15~18cm鉢に20~30粒のタネを均等にまいて育てるとかわいらしいキャンドル栽培ができます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

羽毛けいとう 切り花用 混合
品目 ケイトウ(鶏頭)
品種 羽毛ケイトウ
原産地 熱帯アジア、インド
科・属名 ヒユ科ケイトウ属

羽毛けいとう 切り花用 混合を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

羽毛けいとう 切り花用 混合の栽培Q&A

Q草丈が伸びずに、小さな苗のまま花が咲いてしまいました。
Aケイトウは肥料切れや乾燥などのストレスによって、株が早く老化し、小さな苗で花が咲く性質があります。
Q鉢植えのかわいい姿で、小さな花をたくさん咲かせる方法を教えてください。
Aケイトウの特性を応用した「多粒まき法」です。羽毛ケイトウの「きもの混合」や「センチュリーミックス」が適します。タネまきの土7割に赤玉3割の混合土を鉢を入れ、タネを直接まきます。4号(12cm)鉢で20~30粒のタネを均等にまきます。発芽がそろったら、徒長しないように日にならして育てます。1か月くらいでかわいい花穂が見えてきます。
Q1本立ち系と分枝系は、どう違うのですか。摘芯をしてもよいですか?
A放任栽培で、わき芽がよく出るのが分枝系。ほとんど出てこないのが1本立ち系です。どちらの系統も摘芯はしません。切り花用の1本立ち品種では、摘芯すると側枝がほとんど出ないので、花が望めません。側枝の出る分枝系品種も、主枝が一番大きな花穂をつけます。
Q植え替えはできますか?
A根が直根性のため、植え替えを嫌います。セルトレーやジフィーセブンに3~5粒のタネをまき発芽後に1本に間引きます。葉が4~5枚になったころ、ポットの根をくずさないようにして、直接か花壇やコンテナに定植します。
Q肥料をしっかりと施して育てたのですが、葉や花の色がよくありません。
Aそれほど肥料を必要としません。肥料(とくに窒素分)は多いと葉や花の色・花つきがわるくなります。肥料は少なめにしましょう。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.