タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. コキア(ほうき草) グリーン

コキア(ほうき草) グリーン

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「コキア(ほうき草) グリーンの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

夏の姿は涼しげなライトグリーン、秋の姿は温かみのある紅葉、熟した実は「トンブリ」として食用に、株全体を乾燥してくさぼうきに利用されるなど大変身の植物です。花壇やコンテナのアクセントになります。

栽培環境

南ヨーロッパ、アジア原産の春まき1年草です。夏のころの涼しげな緑色、秋のころの鮮やかな紅葉は日当たりよい場所で変身します。化成肥料を控え、完熟堆肥腐葉土の有機質だけで育てるとより色鮮やかになります。根傷みや苗の老化などのトラブルがあると生育障害が起きやすいので初期の育苗に注意します。

タネまき~植えつけ

桜の咲くころがタネまきの適期です。タネは細かいですが、128穴のセルトレーでは2~3粒ずつ、播種箱では3cm間隔で3~4粒点まきにして5mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽までの約2週間は乾かさないように注意します。発芽がそろったら1本に間引き、本葉が2~3枚になったころ肥沃な土を入れた小鉢に植え替えます。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋を深くすき込み、株間は30cm以上にします。

管理のポイント

植え替え時の根傷みや植えつけ時の老化苗では生育障害が出やすいので、丁寧に若苗を植えます。小苗のときから日当たりのよいところで管理して光合成を活発にさせ、根づくまで乾かさないように管理します。環境がよいと草丈1mほどに生育します。注意して管理できれば、直まきにすると最もよい生育をします。

病害虫・生理障害

夏にガの幼虫(シロオビメイガ)がつくので殺虫剤の散布をします。

楽しみ方など

夏の涼しげな緑色、秋の鮮やかな紅葉の変化が見ところです。刈りとって陰干しにして「ほうき」に利用したり、実は「とんぶり」として食べることもできます。大きく育った株は花壇や大きなコンテナで存在感が抜群です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

コキア(ほうき草) グリーン
品目 コキア(ホウキグサ)
原産地 アジア、ヨーロッパ、アフリカ
科・属名 アカザ科ホウキギ属

コキア(ほうき草) グリーンを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

コキア(ほうき草) グリーンの栽培Q&A

Q秋にきれいな紅葉を楽しむには、どのように育てたらよいですか?
A日当たりのよい場所で育てます。紅葉は昼夜の温度差が大きいほどきれいになります。
Qホウキはどうやって作るのですか。たくさん育てたので作ってみたいです。
A実をつける前に刈り取って、約3週間よく乾かします。葉や細枝を取り除いて竹にくくりつけ、穂先を切りそろえてできあがりです。
Q鉢植えで育てていますが、庭植えのようにこんもりとした姿に育ちません。
A生長期の肥料と水分が不足したようです。また鉢植えでは、根づまりにより株が老化しやすいので、早めに肥料分に富んだ用土で鉢ゆるめをします。
Q株が大きく育ちましたが、倒れそうです。
A順調な生育でも茎葉が大きく茂りますが、そのわりに根張りが小さく、株と根のアンバランスによって、風雨で倒れやすくなります。株元に土寄せをし、支柱を立てます。
Qローソク形以外に刈り込んだものを見ました。
A自然形でローソク風になりますが、茎葉の生育がよいので8月までに適宣刈り込んでいろいろな形に仕立てると、秋の紅葉時期に楽しめます。

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.