タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ネモフィラ インシグニスブルー

ネモフィラ インシグニスブルー

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ネモフィラ インシグニスブルーの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

株張り約30cm、横に広がる草姿で、花壇だけでなくコンテナやつり鉢にも向く丈夫でつくりやすい品種です。花径は約3cm、澄みきった青空のようなブルーは涼しげな色合いで人気があります。

栽培環境

北アメリカ原産の耐寒性1年草です。生育適温は10~20℃で、極端な暑さ寒さを嫌い、日当たりと水はけのよい環境を好みます。

タネまき~植えつけ

暖かい地域では秋風を感じるころ、寒い地域では桜の咲き始めのころがタネまきの適期です。ピートバンや清潔な土を入れ、播種箱にタネが重ならないようにバラまきにして、タネが隠れるように2mmほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。根が切られる移植を嫌うので、本葉が2~3枚の小苗の時期に丁寧に根を抜き、肥えた土の入った小鉢に植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料30~50g、苦土石灰約100gほどをすき込み、株間約20cmで植えます。コンテナ植えでは、市販の培養土に赤玉土の小粒を20%ほど入れて、水はけをよくした用土使います。

管理のポイント

春のタネまきが遅れると貧弱な苗で開花します。夜間は保温して早い時期にタネまきすると、しっかりした株で開花期間も長くなります。秋の植えつけは寒くなる前に終わらせ、しっかりと霜よけをします。コンテナ植えでは15cm鉢に1本植えが標準で、日だまりで管理します。観賞期間が長いので定期的に追肥します。

病害虫・生理障害

アブラムシやアオムシに注意して薬剤散布します。

楽しみ方など

コンパクトな草姿とさわやかな花色は、花壇だけでなくコンテナの寄せ植えや壁かけにも適します。インシングブルーはやや大株になりますが、やわらかい草姿でハンギングするのでスタンド型プランターやつり鉢植えもできます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ネモフィラ インシグニスブルー
品目 ネモフィラ
原産地 北アメリカ
科・属名 ハゼリソウ科ネモフィラ属

ネモフィラ インシグニスブルーを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ネモフィラ インシグニスブルーの栽培Q&A

Q葉に白い斑点や黒い斑点が出ています。病気ですか?
Aどちらも品種の特徴で、生理的なものです。心配はいりません。
Qタネまきには、どのようなまき床がよいですか?
A小さなタネですが、苗は茎葉が折れやすく、移植しにくいので、ジフィーセブンや小さなポット(6cmポット)、セルトレーにまいて苗を育てます。1ポットに3~4粒づつタネをまいて、タネが隠れる程度か2~3mm覆土します。発芽するまでは特に乾かさないよう注意します。
Q花後の株を切り戻したら、再度花が咲きますか?
Aネモフィラは切り戻しをしても、その下から芽が再度出て花が咲くことはありません。
Q寒い期間は室内で栽培してもよいですか?
A暖房のある室内に入れるのは、苗が徒長しやすいので禁物です。耐寒性はマイナス3℃に耐える程度です。暖地では戸外で楽に越冬しますが、寒さの程度で多少の保護が必要です。
Q花つきをよくするポイントは何ですか?
A水のやり過ぎや窒素過多は、茎葉が軟弱に茂りすぎ、花つきもわるくなるので注意します。日当たり、風通しのよい環境を保つように心がけます。

■同じ品目の他の商品

ネモフィラ マキュラータ

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.