タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 百日草 サンベリナ

百日草 サンベリナ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「百日草 サンベリナの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

特長

花径約5cmの小輪で、多くの花弁が重なるかわいらしい半球状の花形です。草丈約20cmのコンパクトな草姿はみだれにくく、真夏でも色あせずに咲き続ける丈夫な品種です。

栽培環境

メキシコ原産の春まき1年草です。エレガンス系ジニアで、真夏の暑さに強く丈夫なつくりやすい品種です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。

タネまき~植えつけ

発芽適温は25℃前後で、八重桜が咲くころからがタネまきの適期です。清潔な土を使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱では約5cm間隔で2粒ずつ点まきにし、タネが隠れるように5mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。日だまりの暖かいところで保温して管理すると、発芽がそろいます。本葉が2~3枚になったころ、肥えた水はけのよい土を入れた小鉢に植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質に加え、化成肥料約50g(約2握り)、苦土石灰約100gを深くすき込み、株間20~30cmで植えつけます。

管理のポイント

発芽適温、生育適温ともに高いので、タネまきや育苗では温度に注意して、寒いときは保温して管理します。日当たりと風とおしのよいところで、苗が徒長しないように水やりに注意して、健康な苗を育てます。コンテナ植えの用土は、市販の培養土に赤玉土の小粒と腐葉土を各10%ほど混ぜ、水はけと水もちをよくします。60cmのプランターでは4~5株、18cm鉢では1株植えが標準です。ジニアは肥料切れを起こすと葉色が淡くなり、梅雨時の日照不足で花形が乱れやすくるので定期的に株元に追肥します。

病害虫・生理障害

アブラムシ、アオムシ、温室コナジラミ(白い小さな虫)などと、高温乾燥期のハダニに注意して、定期的に薬剤散布します。雨上がりに斑点病やうどんこ病の予防のため殺菌剤を散布します。

楽しみ方など

ヒャクニチソウの中ではコンパクトにまとまる品種です。花壇の縁どりやプランターの寄せ植えだけでなく、鉢植えで室内で楽しむこともできます。9cmポットで肥料切れに注意して育てるとかわいらしいミニ鉢物になります。株間を30cmと広く植えると、こんもりとした草姿も楽しめます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

百日草 サンベリナ
品目 ジニア(百日草)(百日草)
原産地 アメリカ、メキシコ
科・属名 キク科ジニア属

百日草 サンベリナを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

百日草 サンベリナの栽培Q&A

Q夏過ぎから元気がなくなって、花がよく咲きません。
A花期の長い植物ですが、咲き終った花枝は枝元から1~2節残して切りつめると、よい枝が伸びて次の花をつけます。これをくり返すことで、秋まで長く花を咲かせ続けます。長期間咲き続けるので、肥料切れのないように月に1回程度の追肥をします。
Q梅雨ころから下の葉に黒い斑が広がって、だんだん枯れてきました。
A黒斑病と思われます。雨による土のはね返りで、発生しやすくなります。株元に敷きわらなどのマルチングをして土のはね上がりを防ぐとともに、登録農薬(殺菌剤)の適正使用で防除します。
Q八重咲きのヒャクニチソウの花弁が少なくなって、一重に咲いています。
A株に勢いがない場合には、花弁の数が少なくなります。花弁の多い品種では、よく起こる現象です。ヒャクニチソウは長い期間、花を咲かせながら生長するので、肥料が不足しないように追肥をします。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.