タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ホウセンカ カメリア咲き混合

ホウセンカ カメリア咲き混合

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ホウセンカ カメリア咲き混合の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花径約4cmで椿の花に似た一重から八重咲きの花が、草丈約60cmの株元からたくさん立ち上がる太い茎に、連なるように咲きます。乾燥や暑さに強く、鮮やかな色彩の混合品種です。莢に触れるとタネがはじけることでも親しまれています。

栽培環境

インド、マレーシア、中国南部原産の春まき1年草です。寒さに弱いですが、暑さと乾燥には強い花です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。直まきでも育てられる丈夫な花です。

タネまき~植えつけ

発芽適温は20℃前後で生育は非常に早いので、十分に気温が高くなる葉桜のころからがタネまきの適期です。温度さえ十分であれば、直まきでもよく発芽します。育苗は9cmポットに2~3粒のタネを5mmほどの深さにタネをまきます。たっぷりと水をかけ、日だまりの暖かいところで、夜間冷えるときは保温して管理すると、発芽がそろいます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料約50g(約2握り)を深くすき込み、株間20~30cmで植えつけます。

管理のポイント

土質を選ばない丈夫な花ですが、水はけの悪い場所では立枯病が出やすくなります。高うねにしたり腐葉土を多めにすき込み、水はけをよくします。コンテナ植えでもよく咲くので、肥えた用土に赤玉土の小粒を20%ほど混ぜて、水はけのよい土で育てます。鉢植えでは18cm鉢に1本植えが標準です。

病害虫・生理障害

風とおしが悪いとうどんこ病が出やすいので、株間を広く植えつけます。乾燥を好む花ですが、高温乾燥期にはハダニが発生しやすいので、殺虫殺菌剤を定期的に散布して予防します。

楽しみ方など

実が熟すと軽く触れただけでも莢がはじけタネを飛ばします。子どもや孫との楽しいひとときを楽しめます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ホウセンカ カメリア咲き混合
品目 ホウセンカ(鳳仙花)
原産地 インド、中国南部
科・属名 ツリフネソウ科インパチェンス属

ホウセンカ カメリア咲き混合を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ホウセンカ カメリア咲き混合の栽培Q&A

Qホウセンカの生育が悪いので抜いたら、根にこぶができていました。何ですか?
Aネコブセンチュウの害と思われます。ほかの草花にも同じ症状が出ていませんか?対策としては、コブトリソウを植えて、土中のネコブセンチュウの密度を抑制するとともに、ネコブセンチュウの害をうけやすい植物を植えないようにします。または、登録農薬(殺虫剤)の適正使用で防除します。
Q株だけ大きくなって、花が咲きません。
A窒素過多の症状と思われます。また日当りが悪くても花つきが不良になりますが、その場合は株のボリュームがなくなります。

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.