タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. マリーゴールド 大輪切り花用 混合

マリーゴールド 大輪切り花用 混合

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「マリーゴールド 大輪切り花用 混合の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花径約8cmのアフリカントール系大輪品種です。草丈は約1mに伸び、水揚げ、花もちがよく、切り花としての利用もできます。オレンジやイエローの混合で、花壇に植えると存在感が際立ちます。

栽培環境

メキシコ原産の春まき1年草です。発芽適温、生育適温ともに20℃以上と高温です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。真夏の暑い時期はちょっと開花を休みますが、涼しくなると再び咲きます。開花期が長いので定期的に追肥します。草姿が乱れたら、切り戻しをすると再生します。花がらを小まめに摘みとるようにします。真夏の高温乾燥期に敷きワラをすると、乾燥を防ぎ地温を下げる効果があります。

タネまき~植えつけ

葉桜のころから初夏のころまでがタネまきの適期です。清潔な土を使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱では5cm間隔で2粒を点まきにし、タネが隠れるように5mmほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。本葉が2~3枚になったころ小鉢に植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料約50g(約2握り)を入れて深くすき込み、株間30~40cmで植えつけます。草丈が80~100cmほどに伸びるので、支柱を立てると安心です。

管理のポイント

短日に向かう時期のタネまきでは花芽をつくりにくくなるので、タネまきは初夏のころまでに行います。タネが大きいので、5mmほどしっかりと土をかぶせ、たっぷりと水やりします。ジフィーセブンやポットに直接まくと、植え替えの手間を省くことができます。日当たりと風とおしのよい場所で、過湿にならないように水やりに注意して健康な苗に育てます。コンテナ植えの用土は、市販の培養土腐葉土と赤玉土の小粒を各20%ほど混ぜ、水もちと水はけをよくします。60cmのプランターでは2~3株、18cm鉢で1株植えが標準です。観賞期間が長いので、定期的に、株当たり3~5gほどの化成肥料を施します。

病害虫・生理障害

アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシなどと、高温乾燥期のハダニがつきやすいので、定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

草丈が伸びるので、花壇の背景や中央部に植えると立体的に見えます。マリーゴールドは種類も多く、マリーゴールドだけでのお花畑も楽しめます。切り花にしても豪華な飾りができます。マリーゴールドには家庭菜園の大敵の「ネグサレセンチュウ」の忌避効果があります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

マリーゴールド 大輪切り花用 混合
品目 マリーゴールド
原産地 メキシコ、中央アメリカ
科・属名 キク科タゲテス属

マリーゴールド 大輪切り花用 混合を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

マリーゴールド 大輪切り花用 混合の栽培Q&A

Q花芽が奇形です。また花色が写真のように咲きません。
A一種の奇形ともいえますが、①肥料過多により、苗の勢いが強い。②低温に当たった。③日照が足りない。などにより、最初の花(天花:てんばな)に起きやすい現象です。この花を咲かせても、あまりよい花が咲かないので、花の下を切っておくとよいでしょう。わき芽が出て花数を多くすることができます。以後の花は正常になるものと思います。 発色には温度や日照が影響します。一般に温度が低いと、花色は濃くなります。今年の気候が影響したものと思います。
Q花が少なくなったので、切り戻しをしたいのですが?
A夏に花数が少なくなったら、草丈の半分くらいまで切り戻すと、晩秋まで花が咲きます。このとき施肥も必要です。油粕などの肥料を多く施したような窒素過多の条件では、葉ばかりが茂って花がつかなくなります。切り戻しをして窒素の少ない肥料に切り替えます。高温乾燥が続くとハダニが発生しやすく、白い小斑点を生じ、酷くなると白くカスリ状に見え、クモの巣状になってきます。発生したら早めに登録農薬(殺ダニ剤)の適正使用で防除します。
Qマリーゴールドはセンチュウの駆除効果があると聞きました。とのように利用するのですか?
A土中のネグサレセンチュウの密度を抑制する効果があるといわれており、緑肥としても利用できます。花を楽しんだ直後の茎葉を、土にすき込みます。生育の旺盛なアフリカントールなどが適します。マリーゴールドを植え込んだ花壇も、センチュウの被害が少なくなります。但しネコブセンチュウに対しては効果がないので、コブトリソウなど抑制効果のある作物を使用します。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.