タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 紫花菜

紫花菜

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「紫花菜の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

ダイコンの花に似た一重咲きで紫色の花が咲きます。丈夫でつくりやすい草花で、とくに土質を選ばず、日当たりの悪い場所でもすくすくと生育します。群生すると一面が紫色に染まりみごとです。

栽培環境

中国原産の耐寒性1年草です。ダイコンの花に似た清楚な花です。土質を選ばず、日当たりの悪い環境でもすくすくと生育します。毎年こぼれダネでも育つほど元気で、直まきでもよく育ちます。

タネまき~植えつけ

冬の寒さにあって花芽ができ早春に開花するので、必ず秋まきにします。播種箱にタネを薄くバラまきにし、タネが隠れる2mmほどの土をかぶせてたっぷりと水やりします。発芽まで約1週間乾かさないようにして苗を育てます。本葉が4~5枚になったころに2~3本の苗をまとめて植えつけます。直接バラまきにしても大丈夫です。

管理のポイント

前作の生育がよければ植えつけ場所に元肥は不必要で、完熟堆肥を少しすき込み植えつけます。こぼれダネで増えていくので、初年度は粗くタネまきするか、株間を広げて植えます。

病害虫・生理障害

アブラナ科の花でコナガ、アブラムシ、アオムシがつきやすいので、定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

花壇に群生させると見事です。また、切り花としても利用できます。景観植物としての利用価値も大きいです。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

紫花菜
品目 ムラサキハナナ(紫花菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科オリコフラグムス属

紫花菜を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

紫花菜の栽培Q&A

Q花壇に植えつけるには、株間はどのくらい必要ですか?
A直まきが一般的ですが、ポットまきは本葉4~5枚のころに、株間20cmぐらいで植えつけます。冬までに根がよく伸びるように、遅植えにならないよう注意します。
Q植えつけ前に花壇に肥料はどのくらい施したらよいですか。
Aムラサキハナナは性質が強く、やせ地でもよく育ちますから、ほとんど必要ありません。株の生育をみて葉色が黄ばんでいるようでしたら、少なめに追肥を与します。

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.