タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 矢車菊 平山寒咲き八重混合

矢車菊 平山寒咲き八重混合

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「矢車菊 平山寒咲き八重混合の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

切り花用に改良された品種で、花つきがよく、早春から開花する早咲きです。草丈は1mほどに伸び、寒さに強く、花径約6cmの紫青色や桃色などの八重咲き花が、次々と咲きます。

栽培環境

ヨーロッパ原産の耐寒性1年草です。早春のまだ肌寒いころから咲き始め、初夏のころまで咲き続ける観賞期間の長い花です。耐寒性が強く丈夫で育てやすい花で、日当たりと水はけのよい肥沃な土を好みます。寒い地域では春まきにします。暖かい地域では秋まきにして土の凍らない所で冬越しし、早春のころに植えつければ、しっかりした株で多くの花が咲きます。草丈は1mほどに伸びるので支柱が必要です。

タネまき~植えつけ

暖かい地域では9月以降の秋まき、寒い地域は早春のころに保温してタネまきします。清潔な土を使い、128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱では約5cm間隔に2粒ずつ点まきにします。タネが隠れるように5mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。本葉が2~3枚の小苗の時期に、根を傷めないように注意して小鉢に植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(2握り)、苦土石灰100gほどを深くすき込み、株間約30cmで植えつけます。草丈が伸びるので支柱を立てます。

管理のポイント

タネまき用土は清潔な土を使いたっぷりと水やりして発芽まで新聞紙で覆い乾燥を防ぎます。植え替えやコンテナ植えの用土は赤玉土の小粒を20%ほど混ぜて水はけをよくします。植え替えは根を傷めないように行います。日当たりと風とおしのよい場所で、過湿に注意して健康な苗にします。暖かい地域の秋の植えつけは早めに終わらせ、寒さが来る前に根をよく張らせ、霜よけをします。タネは大きく丈夫で育てやすいので、直まきすれば育苗の手間が省けます。

病害虫・生理障害

アブラムシやアオムシに注意が必要で、定期的に薬剤散布します。

楽しみ方など

草丈が伸びるので花壇の背景に適します。水揚げと花もちがよいので、切り花として利用もできます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

矢車菊 平山寒咲き八重混合
品目 ヤグルマギク(矢車菊)(セントーレア、ヤグルマソウ)
原産地 ヨーロッパ東南部、小アジア
科・属名 キク科ヤグルマギク属

矢車菊 平山寒咲き八重混合を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

矢車菊 平山寒咲き八重混合の栽培Q&A

Q株はよく育っていますが、枝が伸びすぎて倒れてしまいます。
A草丈は1mくらいになり、茎は直立してよく分岐します。そのため倒れやすいので茎が伸び始めたら、早めに支柱を立てます。秋の生長期に摘芯をすると、草丈が低くなって、株数も増えます。
Q肥料はどのくらい施せればよいですか?
A元肥は少なめにして、株の生育を見ながら追肥をします。肥料過多では茎が伸びすぎて、軟弱になってしまいます。とくに窒素分は控えめにします。
Qヤグルマギクは宿根草ですか、それとも1年草ですか?
Aほとんどの品種は秋まき1年草ですが、黄金ヤグルマギクは丈夫な宿根草です。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.