タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. カンパニュラ チャイム ミックス

カンパニュラ チャイム ミックス

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「カンパニュラ チャイム ミックスの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花芽分化に低温を必要とせず、秋まきで翌年開花、早春まきで年内に開花する1年草タイプのカンパニュラです。花径4㎝の小輪タイプで草丈は80㎝ほどに伸び、切花にも向きます。

栽培環境

南ヨーロッパ原産の耐寒性1年草タイプです。暖かい地域では秋まき、寒い地域では春まきにします。日当たりと水はけ、風とおしのよい場所を好みます。寒い地域でも秋まきにして鉢植えで冬越し、早春に植えつけると分枝も多く草丈も伸びボリュームのある株に育ちます。

タネまき~植えつけ

暖かい地域ではススキの穂が出始めるころ、寒い地域では桜の咲く前にタネまきします。清潔な土を入れた128穴のセルトレーでは各セルに2粒ずつ、播種箱ではタネが重ならないようにバラまきにします。タネが見え隠れする程度の少量の土をかぶせ、たっぷり水やりします。秋まきで気温が高いと発芽がそろわないので涼しい日陰で管理します。本葉が2~3枚になったころ肥沃な用土に赤玉土の小粒を20%ほど混ぜて水はけをよくして小鉢に植え替えます。植えつけは日当たりと風とおしのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)をすき込み株間は約25cmにします。60cmのコンテナでは3~5本が標準です。秋まきでは植えつけを早めに終わらせ、厳しい寒さでは霜よけをすると安心です。

管理のポイント

タネまき後にかぶせる土(覆土)はかけなくても、発芽するのでかけすぎに注意します。気温が高いと発芽率、発芽勢(発芽のそろい)が悪く、立枯病も出やすいので涼しくして管理します。秋植えではしっかりと根が張るので倒れる心配は少ないですが、寒い地域の春まきでは根張りが少ないので支柱を立てて倒伏を防ぎます。

病害虫・生理障害

春の気温の上昇とともにアブラムシやアオムシ、高温乾燥期のハダニに注意して定期的に殺虫剤の散布をします。立ち枯れ防止のためタネまき用土は清潔な土にします。

楽しみ方など

よく観察すると最初にトップの花が1輪咲き、次に下枝の花から順次上に向かって咲いてくる習性があります。草丈が70~80cmと伸びるので花壇だけでなく、大きめの円形コンテナの中央に植えて、寄せ植えにしてもボリューム感が出ます。水揚げ、花もちがよいので切り花として利用できます。

栽培暦

カンパニュラ  チャイム  ミックス
品目 カンパニュラ
原産地 南ヨーロッパ
科・属名 キキョウ科カンパヌラ属

カンパニュラ チャイム ミックスを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

カンパニュラ チャイム ミックスの栽培Q&A

Qボリュームのある花が咲きません。
A充実した株に育てることが必要です。冷涼で乾燥した気候を好みますので、適した環境に近づけて育てます。春に新芽が伸びだしたら、緩効性化成肥料や薄めの液肥を、追肥として与えます。強酸性の土ではよく育たない草花なので、苦土石灰など石灰質肥料を施して、中性か弱酸性土壌にします。
Q寒地では、いつタネまきしたらよいですか?
A寒地では、春から初夏のタネまきが適します。この品種は冬の寒さに遭遇しなくても、花が咲く特長がありますので、春にタネをまくと夏に開花します。寒地では、春から初夏のタネまきが適します。
Qクリーム色の丸いものが入っていますが、これがタネですか。そのままかつぶしてタネまきをするのですか?
Aペレットシード(ペレット種子、コーテング種子)です。タネまきがしやすく、タネまきの時間が短縮できます。まきにくい微細なタネも、1粒づつまくことができます。移植、間引きの作業が省略でき、苗の傷みが軽減できます。健全な苗が得られ、タネが少量ですみます。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.