タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 米なす 「ドカンチョ」

米なす 「ドカンチョ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「米なす 「ドカンチョ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

草勢が強く、着果のよい大型の本格米ナスです。どっしりとしまった肉質で、揚げ物・煮物・炒め物など幅広い料理に利用できます。

栽培環境・土づくり

有機質が豊富で日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。ナス科作物のなかでも特に連作に弱く、5年程度は他科の作物で栽培間隔を空けます。植えつけの2週間前までに1㎡当たり苦土石灰150、1週間前までに完熟堆肥3kgと有機配合肥料200gを目安に施します。うね間150cm、株間50cmを標準とします。

タネまき・植えつけ

ナスは嫌光性なので、タネが隠れるように5mmほど覆土し、発芽するまで乾かさないようにします。夜間25℃、昼間30℃を目安として変温させると数日で発芽します。4号(12cm)ポリ鉢に直接4~5粒まき1本間引くか、育苗箱に条間8~9cmでスジまきし、本葉2~3枚までにポットへ植え替えます。肥料を切らさないよう管理し第1花開花程度の苗に仕上げます。低温に弱いので終霜後、地温15度程度を目安に植え付けます。ポリマルチを使用し地温の上昇を図ると良いでしょう。

管理のポイント

第1花の着生節位の上下から出る勢いの強い枝と親枝を合わせて3~4本を主枝とし、以下の側枝を除去します。主枝から出た側枝は第1花が咲く頃にその上の葉を1枚残し摘心します。果実が大きく重いので枝折れを防ぐため誘引が必要です。特に初中期の吸肥力が旺盛で第1果肥大頃から月に1~2回程度、化成肥料を1㎡当たり約50g(約2握り)追肥します。8月中までに切り戻し剪定を行うと長く楽しめます。誘引や剪定で日当たりと風通しを良くし病害を防ぎ良果を得ます。特に梅雨明けの高温乾燥時や果実の肥大期の水不足に注意が必要です。

病害虫・生理障害

青枯れ病が発生しやすくなるのでナス科作物の連作は避けます。灰色カビ病やアブラムシ類、ダニ類、アザミウマ類が発生しやすいので適切な薬剤で早めに対処します。ヨトウムシやテントウムシダマシは見つけしだい捕殺します。

収穫・保存・利用

開花後15~20日、300g前後のソフトボール大を目安にハサミで切りとって収穫します。ヘタにトゲがあるので注意してください。果実はタネが少なく締りが良く、甘みがあって揚げ物・煮物・炒め物など幅広い料理に適します。大果にしても質を保ちますが、株が疲れますので早めの収穫を心がけます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

米なす 「ドカンチョ」
一代交配
品目 ナス(茄子)
原産地 インド東部
科・属名 ナス科ナス属

米なす 「ドカンチョ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

米なす 「ドカンチョ」の栽培Q&A

Q着果不良の原因は? また、実が小さいまま成長せず、たいへんかたい。
A着果不良の原因として、肥料不足などで株が弱ると、落花が多くなります。早めに追肥します。たくさんの果実をつけると、雌しべの短い花になり、落花します。果実がなりすぎたときは、思い切って若どりをして、株への負担を軽くします。ナスが硬くなるのは、受精不完全で果実の中に種子ができないまま着果するからで、石ナスともいいます。原因として、水分不足、日照不足、開花前後に低温に当たり受精不良、窒素過多などがあります。対策として花や実に日をよく当たるように適度の整枝・摘葉、十分な水やり、低温時にはトンネルなどを行ってください。
Qしおれの原因は?
Aナスの苗は活着(定植したものが根づき、生育すること)まで時間がかかり、植えつけ後10日ぐらいは苗に元気がなく、ややしおれたようになります。マルチをして活着を早めます。夏に茎葉が青い(緑の)まましおれるのは青枯病です。敷きワラをして地温を下げます。高畝にするなど水はけをよくします。病株は抜きとり、持ち出し処分します。連作はさけます。耐病性台木に接木します。
Q果実に茶色のカサブタができました。
Aチャノホコリダニというダニの被害と考えられます。チャノホコリダニは体長0.2mmくらいのごく小さなダニで肉眼では見えにくいので、病気と間違えやすい被害です。梅雨明けから被害が多くなり、ひどいと生育が止まります。乾燥すると発生しやすいので、敷きワラをし、畑が乾いたら適宜水やりをします。登録農薬(殺ダニ剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。
Q発芽をよくするにはどうしたらよいですか。
A発芽適温(地温)は、昼30℃・夜20℃(最低11℃、最高33℃)です。ナスはこのような変温によって発芽が促進されます。適温になってからタネをまくか、温度設定のできる発芽育苗器や保温マットにタネをまきます。
Q秋ナスも利用したいのですが、どのようにつくるのですか。
A7月下旬ごろ、地上40~50cmのところで、太い枝を切り更新剪定をします。土もかたくなっているので、株元より40cmほどはなれた周囲を深さ20cm耕してやわらくします。1株当たり、化成肥料・油かすを各30~40g施します。勢いが回復して秋に良果を収穫することができます。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.