タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」

あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしきゅうりです。果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。うどんこ病には、きわめて強い耐病性を有し、べと病にも強いのでつくりやすい品種です。

栽培環境・土づくり

植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰約150g、1週間ほど前に完熟堆肥約3kg、有機配合肥料約100gを施します。幅100cmくらいのうねをつくり、合掌の支柱を立てます。条間約60cmの2条植えで、株間50~60cmを目安に畑を作ります。大きめのプランター植えでは株間を40cmくらいにします。キュウリの根は比較的浅く広がるので、元肥も浅層に全面的に混合するように施します。

タネまき・植えつけ

3号(9cm)ポリ鉢にタネを2~3粒ずつまき、本葉が1枚くらいのころに1本に間引くか、苗床スジまきし、本葉が1~2枚までに3号(9cm)ポリ鉢に植え替えます。本葉が3~4枚になるころ、苗に仕上げて植えつけます。水やりは午前中に行い、夕方にはポリ鉢の表面が乾く程度の量とします。植えつけの 2~3日前から、夜温と地温を16℃くらいまで下げ、苗の順化を行います。

管理のポイント

親づるは支柱に誘引し、170cmくらいになると先端の芯を止め、5~6節以上から出た子づる、孫づるは、本葉を2枚ほど残してその先で摘芯します。側枝発生が盛んなので、過繁茂にならないように早めに整枝し、また葉の摘み取りが遅れないように注意します。

病害虫・生理障害

べと病、炭そ病、つる枯病などの病害は、多湿条件で発生しやすいので、水はけをよくします。下葉や下位側枝を整理して、風通しと日当たりをよくします。アブラムシは葉に群生、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると効果が期待できます。

収穫・保存・利用

果実の長さが17cmくらいを目安に収穫します。最盛期には朝と夕の2回収穫します。収穫が遅れ果実が大きくなると、株に負担がかかり収穫量が減るので、早めの収穫を心がけるとともに、とり残した果実があると株に負担がかかるので、よく見てすべて収穫します。とくに草勢が弱ったときは、若どりして株の回復をはかります。若どりした果実はモロキュウなどにして食します。渋みや青臭さが少なく、甘みがあり、キュウリ独特の香りに富むので、モロキュウ、サラダや浅漬けに好適です。1株当たり5~6本収穫したら1回の割合で追肥を行います。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

緑のカーテンにも利用できます!

緑のカーテン特集サイトはこちら

あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」
サカタ交配
品目 キュウリ(胡瓜)
原産地 インド(ヒマラヤ)
科・属名 ウリ科キュウリ属

あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」の栽培Q&A

Q着果不良(雌花のつきが悪い)の原因は?人工交配するのですか?
Aキュウリの雌花は花粉がつかなくても実が太る単為結実性なので、人工交配の必要はありません。キュウリの雌花分化は低温によって促進されます。高温で育苗管理すると、雌花率が低下したり、雌花の出現が遅れます。また、キュウリは短日で花芽分化が促進されるので、春遅くタネまきすると雌花は少なくなります。窒素過多だと、いつまでも栄養成長が続き、着果しにくくなります。
Q果実が曲がってしまうのは?
A栄養不足になると果実が大きくならず、小さい果実ほど曲がりがひどくなります。雌花が小さくなってきたら、液肥や速効性の化成肥料を施します。水分不足になると曲がり果が多くなるので、こまめに水やりをします。日照不足や株の老化でも曲がり果は多くなります。果実内にタネが均一にできないことも曲がり果の原因になるので、リン酸がよく効くようにします。
Q株がしおれてしまうのは?
Aキュウリは根が深くはらない(浅根性)のため乾燥に弱いので、敷きワラをし、こまめに水やりをします。キュウリなどウリ科作物の根は酸素を好むので、過湿状態が続くと酸素欠乏を起こして、しおれたり、ひどいと枯れます。水はけをよくします。つる割病にかかると、昼間に葉がしおれ、夕方には回復しますが、数日後にはしおれて枯れます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。連作する場合はカボチャ台木に接木します。
Q発芽不良の原因は。
A発芽適温(地温)は、25~30℃(最低15℃、最高40℃)です。春先は温度が低いので、保温マット、育苗器などで適温を確保します。発芽するまでは水を切らさないようにします。直まきの場合は、マルチやトンネルやキャップなどを使用します。
Qうどんこ病の対策について。
A葉にうどん粉をふりかけたような白いカビが生じます。ひどくなると葉枯れ状になります。密植をさけ、日当たりと風通しをよくします。水はけをよくします。発生初期に登録農薬(殺菌剤)を散布します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.