タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. スイカ タヒチ

スイカ タヒチ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

特長

黒皮の大玉スイカの超人気品種です。病気に強くてつくりやすく、重さは7~8kgにもなります。鮮やかな紅赤色、糖度は約12度、肉質はしまり、日もち・食味がとくにすぐれています。つる割病と炭そ病に対して耐病性があります。

栽培環境・土づくり

1㎡当たり苦土石灰約150g、完熟堆肥約3kg、と有機配合肥料50gを施します。うね幅300cm、株間100cmを目安に畑を作ります。元肥は窒素が効きすぎると着果が悪くなるので、緩効性のものを控えめに施します。土壌病害(つる割病)に汚染されていない畑では、自根栽培もできます。

タネまき・植えつけ

清潔な土を入れた4号(12cm)ポリ鉢に1~2粒ずつまくか、育苗箱に9×2cmでタネまきし、本葉が1枚のころ、4号(12cm)ポリ鉢移植します。本葉が4~5枚になったころを目安として、マルチを敷いたうねに、深植えしないように植えつけます。連作畑では、接木苗の使用をおすすめします。接木苗は接合部分が地面より高くなるようにします。

管理のポイント

親づる1本と子づる2本の3本に仕立てます。極端な低節位に着果したものは摘みとり、15~25節に着果させるようにします。つるが伸び始めたら敷きワラをします。つるボケの心配は少ないですが、元肥の窒素肥料は控えめとし、果実がこぶし大になったころ化成肥料を施します。朝方、遅くとも8~9時までに、雄花の花粉を雌花の柱頭につけ、開花日を書いたラベルをつけておきます。

病害虫・生理障害

つる割病がスイカで最も怖い病害です。地際部の茎が褐色軟化し、根が腐敗します。葉がしおれてから数日で枯れます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。病菌は土壌中で3~4年も生存するので、連作は避けます。連作畑では、接木苗の使用をおすすめします。葉が緑色濃淡のモザイク症状や奇形になるモザイク病は、アブラムシが媒介するので、アブラムシの早期発見、早期防除に努めます。

収穫・保存・利用

開花後、トンネル栽培では45日前後、露地栽培で30~35日を目安として収穫します。果実の肩が張り、着果節の巻きひげが枯れてきて、果実を軽くたたくと濁音がするようになります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

スイカ タヒチ
品目 スイカ(西瓜)
原産地 南アフリカ (カラハリ砂漠)
科・属名 ウリ科スイカ属

スイカ タヒチを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

スイカ タヒチの栽培Q&A

Q着果不良の原因は?
A窒素肥料が多いと、つるばかり伸びて実がつかない「つるボケ」になります。元肥を控え、着果を確認してから追肥します。梅雨期は、ハチやアブが飛来しないので、受粉できないことがあります。朝8時までに人工交配をします。気温が上昇すると、花粉の発芽力が低下します。スイカは強光を好みます。開花前に日照不足になると、花が小さくなり、花粉も少なくなります。株間を広くとります。
Qせっかく実がついたのに割れてしまいました。
A果実が小さいころに低温にあうと、果皮がかたくなり、その後の肥大で果実が割れることがあります。乾燥や過湿で根が傷むと裂果しやすくなります。敷きワラをして乾燥を防ぎます。完熟堆肥を十分施し、根を地中深くまでよく張らせ、環境の大きな変化に耐えられるようにします。盛夏期に日焼けがひどいと、そこから割れることがあります。果実をワラや新聞紙で日よけします。
Q食味不良の原因は?
A株元についた果実を「辻なり」といいます。10節前後についた果実は変形やスジが多いので摘果します。15節以降に着果させます。2番果は生育の衰えたつる先に着果するため、1番果に比べて品質は低下します。スイカをカボチャに接ぐと、肉質がかたく、スジも多くなります。品質は、自根、共台(スイカ台木)、ユウガオ、カボチャの順になります。早どり、遅どりを避け、適期に収穫します。
Qスイカの収穫の目安を教えてください。
A着果後、大玉系は45~50日、小玉系は30~35日くらいが収穫の目安です。果形、果色、弾力、打音、巻きひげの枯れなどを参考にして適期に収穫します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.