タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. メロン 「プリンスメロン」

メロン 「プリンスメロン」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「メロン 「プリンスメロン」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

つくりやすい露地メロンの代表品種です。果実は500~600g、ほぼ正円球で灰白色、甘さ抜群で糖度15~17度になります。熟したときの甘い芳香が、収穫の喜びを誘います。

栽培環境・土づくり

土質は特に選びませんが、水はけがよく有機質に富んでいるのが理想的です。1㎡当たり苦土石灰を100~150g、完熟堆肥腐葉土を2~3kg、有機または化成肥料を80~120g施します。うね幅200~250cm、株間75~100cmを目安とし、植えつけ時の地温は接ぎ木苗は14℃以上、自根苗は16℃以上を確保します。

タネまき・植えつけ

市販の育苗用土などを入れた12cm程度のポリ鉢にタネをまき、1cm覆土します。育苗時は不織布やビニールトンネルなどを利用して夜間の保温に努めます。タネまき後40~45日で苗を仕上げ、植えつけ前にできるだけ早く本葉4~5枚で親づるの芯を摘んでおきます。

管理のポイント

子づるが20cmほど伸びたとき、3~4本残してほかは摘みとります。各子づるの3~4節目までの孫づるはかきとり、残した孫づるは2葉残して芯を摘み、果実をならせます。形のよい果実を選び、各子づるに2~3個残します。子づるの先は20節程度で芯を摘み、わき芽は込みすぎない範囲で、できるだけ残す方が株が疲れず、最後までおいしい果実が収穫できます。

病害虫・生理障害

日当たり、風通し、水はけのよい畑で栽培して、病害虫が発生しないようにします。窒素肥料が多いと、過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。つる割病は、地際部の茎が褐色軟化し、根が腐敗します。葉がしおれてから数日で枯れます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。ウリ科作物の連作は避けます。同じウリ科でも発病しないカボチャに接木します。

収穫・保存・利用

メロンの糖度は、収穫直前に急激な上昇をします。交配日を記入したラベルをつけておき、試しどりをするのが確実です。開花後40~45日で収穫できます。果皮に光沢が出て、プリンスメロン独特の芳香するようになります。ヘタと果実の間にひび割れが出始めたら収穫の適期です。収穫が遅れると過熟になり、アルコール発酵や肉質劣化が起こります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

メロン 「プリンスメロン」
サカタ交配
品目 メロン
原産地 アフリカ、インド
科・属名 ウリ科キュウリ属

メロン 「プリンスメロン」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

メロン 「プリンスメロン」の栽培Q&A

Q着果不良の原因は?
A窒素肥料が多いと、つるばかり伸びて実がつかない「つるボケ」になります。元肥を控え、着果を確認してから追肥します。梅雨期は、ハチやアブが飛来しないので、受粉できないことがあります。気温が上昇すると、花粉の発芽力が低下するので、朝8時までに人工交配をします。開花前に日照不足になると、花が小さくなり、花粉も少なくなるので、株間を広くとり、過繁茂をさけます。
Qせっかく実がついたのに割れてしまいました。
A畑が乾燥ぎみだったところに雨が降ると、果実が急に肥大して割れることがあります。乾燥や過湿で根が傷み、株が弱ると裂果が多くなります。高畝にするなど水はけをよくします。トンネルのビニールはそのまま雨よけに用います。敷きワラをして乾燥を防ぎます。完熟堆肥を十分施し、根を地中深くまでよく張らせ、環境の大きな変化に耐えられるようにします。交配日のラベルをつけ、適期に収穫します。
Q糖度が高くなりません。
A露地メロンは高温になると、糖度や肉質などの品質が落ちるので、マルチ、トンネルを利用して早めに栽培します。果実の肥大には水分が必要ですが、収穫が近づいたら土壌水分を控えて糖度を上げていきます。収穫期まで窒素が効いていると、糖の蓄積が悪くなります。収穫前に窒素が切れるようにします。メロンの糖度は収穫直前に急上昇します。交配日を記入したラベルをつけ、試しどりをします。
Qプリンスメロンの収穫適期の目安は。
A開花、着果後、高温時期は30~35日くらい、普通の時期で35~40日くらいが目安です。成熟すると果実の表面が灰白色に変化します。果梗の基部に離層が見えはじめたころが収穫の適期です。
Q急に株全体が枯れてしまいました。
Aつる枯病と思われます。葉、茎、果実に発生しますが、茎の地際部が多く侵されます。水浸状の病班が生じます。ひどいと枯れます。苗の深植えは病気を誘発するので、浅植えにします。病株は抜きとり、持ち出し処分します。

■同じ品目の他の商品

メロン 「ころたん」 (苗)

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.