タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. まくわうり 「黄金まくわうり」

まくわうり 「黄金まくわうり」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「まくわうり 「黄金まくわうり」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

古くから栽培され、暑さや病気に強く、つくりやすい家庭菜園向きのウリです。果実は300g前後で果肉がしっかりしています。香り高く、シャキッとした口あたりとさわやかな甘みが特長です。

栽培環境・土づくり

ソメイヨシノの開花が終わった以降の植えつけとなるため、温度的には自根栽培で十分です。1㎡当たり苦土石灰を100~150g、完熟堆肥腐葉土を2~3kg、有機または化成肥料を80~120g施します。うね幅100~150cm、株間75~100cmを目安とし、植えつけ時の地温は16℃以上を確保します。

タネまき・植えつけ

市販の育苗用土などを入れた12cm程度のポリ鉢にタネをまき、1cmほど覆土します。育苗時は不織布やビニールトンネルなどを利用して夜間の保温に努めます。植えつけ前にできるだけ早く本葉4~5枚で芯を摘んでおきます。遅霜の心配がなくなれば、一穴に4~5粒の直まきも可能です。

管理のポイント

子づるが20cmほど伸びたとき、3~4本残して他は摘みとります。各子づるの3~4節目までの孫づるはかきとり、残した孫づるは2葉残して芯を摘み、果実をならせます。形のよい果実を選び、各子づるに3~4個残します。子づるの先は20節程度で芯を摘み、わき芽は込みすぎない範囲で、できるだけ残す方が株が疲れず、最後までおいしい果実が収穫できます。

病害虫・生理障害

つる割病、うどんこ病、べと病などが発生しやすいので、定期的に殺菌剤で防除します。また気温が上がるとアブラムシ、ハダニなどが発生しやすくなるので殺虫剤で防除します。病虫害予防には、連作や多肥栽培を避け、水はけと風通しをよくすることがポイントです。

収穫・保存・利用

マクワウリの糖度は収穫直前に急激な上昇をします。開花後40日前後で収穫できますが、試しどりしてみるのが確実です。オレンジ色がかってきたら収穫の適期です。収穫期まで窒素が効いていると、糖分の蓄積が悪くなります。収穫前に窒素が切れる施肥が理想です。昔は井戸水で冷やして食べましたが、今は食べる直前に冷蔵庫で冷やします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

まくわうり 「黄金まくわうり」
品目 マクワウリ(真桑瓜)
原産地 アフリカ、インド
科・属名 ウリ科キュウリ属

まくわうり 「黄金まくわうり」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

まくわうり 「黄金まくわうり」 の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
A発芽には適温(地温)と適湿(水分)と空気(酸素)が必要です。マクワウリの発芽適温は25~30℃です。適温を確保してタネまきします。乾燥した土では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く(タネの2~3倍)覆土し、軽くおさえて、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネが乾かないようにします。
Q着果をよくするには?
A日当たり、水はけ、風通しのよいところで育てます。窒素肥料が多いと、つるばかり伸びて実がつかない「つるぼけ」になります。元肥を控え、着果を確認してから追肥します。マクワウリの雌花数は枝数に比例するので、本葉4~5枚になったら摘芯して子づるを3~4本伸ばします。子づるも畝幅まで伸びたら摘芯し、孫づるは2~3節で摘芯します。摘芯を早く行なうと、着果も早まります。
Qせっかく実がついたのに割れてしまいました。
A畑が乾燥ぎみだったところに雨が降ると、果実が急に肥大して割れることがあります。乾燥や過湿で根が傷み、株が弱ると裂果が多くなります。団粒構造で水はけと水もちのよい畑で栽培します。高畝にするなど水はけをよくします。敷きワラをして乾燥を防ぎます。マクワウリは浅根性なので、完熟堆肥を十分施し、根を地中深くまでよく張らせ、環境の大きな変化に耐えられるようにします。
Q収穫した果実があまり甘くなっていません。
Aマクワウリの糖度は収穫期直前に上昇します。交配日を記入したラベルをつけておき、試しどりをしてみるのが確実です。収穫の目安は、果皮の色が変化する、離層ができる、花落ち部分にやわらかみが出るなどです。収穫が遅れると、アルコール発酵や肉質劣化が起ります。収穫期まで窒素が効いていると、糖分が蓄積が悪くなります。収穫前に窒素が切れる施肥が理想です。果実の肥大には水分が必要ですが、収穫が近づいたら土壌水分を控えて糖度を上げます。
Q急に株全体が枯れてしまいました。
Aつる枯病と思われます。葉、茎、果実に発生しますが、茎の地際部が多く侵されます。水浸状の病班が生じます。ひどいと枯れます。苗の深植えは病気を誘発するので、浅植えにします。病株は抜きとり、持ち出し処分します。

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.