タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ニガウリ 「緑のカーテンゴーヤ」

ニガウリ 「緑のカーテンゴーヤ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ニガウリ 「緑のカーテンゴーヤ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 夏を涼しく!長い間楽しめる

特長

果実の苦味は、食欲増進と夏バテ防止に役立ちます。料理法はゴーヤチャンプルーなどが有名で、沖縄料理には欠かせない野菜です。樹勢が強く、緑のカーテンとして長い間楽しめます。

栽培環境

日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。ニガウリだけでなく、キュウリ、カボチャ、シロウリ、マクワウリなどウリ科作物の連作は避けます。植えつけの約2週間前に1㎡当たり苦土石灰150g、1週間ほど前に完熟堆肥3kgと有機配合肥料80~100gを目安に施します。うね幅100cm、株間90cmを標準とします。

タネまき~植えつけ

ニガウリは高温発芽性作物なので、適温(25~30℃)を確保してタネまきします。3号(9cm)ポットに3~5粒ずつまいて、1cmくらい土をかぶせます。元気のよい苗を1本残し、本葉4~5枚の苗に仕上げて、畑に植えつけます。

管理のポイント

ニガウリは低温には弱いので、地温が十分に上がってから植えつけます。つるが伸びてくるので、200cmくらいの支柱を立てます。整枝は、放任でも、本葉5~6枚のときに摘芯をして子づる3~4本伸ばしても、どちらでもよいです。栽培期間が長いので、生育の様子を見ながら、株のまわりに追肥します。

病害虫・生理障害

病気には強い作物ですが、うどんこ病やべと病などを予防するため、株間を広くとり、日当たりと風通しをよくします。ウリ科作物の連作は、つる割病が発生しやすくなるので避けます。アブラムシは、葉に集団で寄生して吸汁し、株を弱らせます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチやテープで飛来を防ぎます。ハダニは葉裏に強く散水をして、流し落とします。

楽しみ方など

開花後15~20日たち、果実の形ができたら収穫します。とり遅れると生育が早いので、すぐに色づき、果皮が裂けてしまいます。また、とり遅れると株が疲れる原因にもなるので、若どりを心かげます。沖縄の名物料理・ゴーヤチャンプルーは豆腐、卵、豚肉などと炒めたものです。酢の物、漬物にも利用できます。

栽培暦

緑のカーテンにも利用できます!

緑のカーテン特集サイトはこちら

ニガウリ 「緑のカーテンゴーヤ」
品目 ゴーヤ(ニガウリ)(苦瓜)
原産地 東インド、熱帯アジア
科・属名 ウリ科ツルレイシ属

ニガウリ 「緑のカーテンゴーヤ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ニガウリ 「緑のカーテンゴーヤ」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aニガウリの発芽適温は25~30℃です。保温マットなどで適温を確保してタネまきします。タネは皮がかたく、水分を吸収しにくいので、ペンチなどでタネの一部を傷つけて、2時間ほど水に浸して、吸水させてからタネまきします。発芽するまでは、水を切らさないようにします。過湿になると、タネが酸欠で腐ったり、発芽不良になったりします。水はけのよいタネまき用の培養土を使用します。
Q生育をよくするには?
Aニガウリはウリ科の中でも苗が徒長しやすい野菜です。光合成の行なわれない夜間に土壌水分が多すぎると、苗が徒長してしまいます。水やりは朝に行い、夕方に土の表面が乾く程度にします。生育適温は20~30℃です。マルチをして十分地温を高めてから本葉4~5枚の苗を定植します。極端な酸性土壌では生育がわるくなります。好適pH は6.0~6.5 です。定植の2週間以上前に苦土石灰などで酸度調整します。
Q着果をよくするには?
A窒素肥料が多いと、つるばかり伸びて果実がつかない「つるボケ」を起こします。元肥を少なめにし、着果を確認してから追肥します。親づる(主枝)には雌花が少ないので、摘芯して子づる(側枝)や孫づるに着果させます。株間が狭いと、生育後半につるが重なり、虫の飛来も少なくなり、着果がわるくなります。株間を2~3mとり、繁茂してきたら摘葉します。また、開花後15~20日、果実の形が完成したら、果実の緑色や白色が鮮やかなうちに収穫するとおいしくいただけます。
Q収穫の目安を教えてください。
A開花、着果後15~20日たち、果実の形ができれば収穫できます。果実が若くても十分利用できるので、果色の緑色が鮮やかなうちに早めに収穫します。収穫が遅れると、果皮が破れ、中から赤熟したタネが露出してきます。
Qグリーンカーテンとしての利用。
Aゴーヤ(ニガウリ)は草勢が強く、乾燥にも強い植物です。緑のカーテンとしての利用にも適した植物です。

■同じ品目の他の商品

ニガウリ 「ゴーヤ」

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.