タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. シロウリ 「青はぐらうり」

シロウリ 「青はぐらうり」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「シロウリ 「青はぐらうり」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

シロウリはメロンの仲間ですが甘みが少なく、漬物専用に使われ、家庭菜園でもよくつくられています。本種はシマウリの一種で濃緑色、肉厚でやわらかいので、浅漬けに適しています。

栽培環境・土づくり

ソメイヨシノの開花が終わった以降に植えつけるので、温度的には自根栽培で十分です。地温を16℃以上確保して植えつけます。植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰約100g、1週間ほど前に完熟堆肥約3kg、有機配合肥料約80gを施します。

タネまき・植えつけ

タネまき用土は、完熟堆肥と清潔な土を等量混ぜ、苦土石灰を1l当たり約2g施したものを使用します。4号(12cm)ポットに2~3粒点まきし、1㎝ほどの覆土し保温します。あるいは、遅霜の心配がなくなってから4~5粒ずつを直まきします。本葉が1~2枚になったころ1本に間引きます。本葉が5~6枚になったころ植えつけます。子づるを2本仕立てにする場合は、うね幅180cm、株間45cm、4本仕立ての場合はうね幅150cm、株間100cmを目安とします。

管理のポイント

子づるが20cmほど伸びたとき、元気のよいものを2~4本残してほかは摘みとります。子づる5節目までの孫づるはかきとり、その後は2~3葉残して芯を摘みます。果実は孫づるに着きます。子づるは20節程度で摘芯し、わき芽は込みすぎない範囲で、できるだけ残すほうがつるもちがよいです。

病害虫・生理障害

連作、過湿、過繁茂により、べと病、うどんこ病、モザイク病などの病害発生が多くなります。シロウリだけでなく、キュウリ、スイカ、ニガウリなどウリ科作物の連作は避けます。密植や窒素過多を避け、日当たりと風通しをよくします。アブラムシはシルバーマルチやテープなどで飛来を防ぎます。ハダニは葉裏に強く散水して流し落とします。

収穫・保存・利用

果実の長さが20~40cmほどで収穫します。収穫適期になると果皮にツヤが出てきます。果肉がとてもやわらかく、歯がぐらついている人でも食べられるので、この名がついたといわれています。浅漬け専用品種です。ぬか漬け、塩漬けなどに利用します。食べる30分から1時間前に漬けると最もおいしく、長時間の漬け込みは食味を落とします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

シロウリ 「青はぐらうり」
品目 シロウリ(白瓜)
原産地 中国大陸南部
科・属名 ウリ科キュウリ属

シロウリ 「青はぐらうり」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

シロウリ 「青はぐらうり」の栽培Q&A

Q育苗について教えてください。
Aシロウリの発芽適温は25~30℃です。春先は保温マットなどで適温を確保してタネまきします。育苗箱に条間10cmに2cm間隔にスジまきし、双葉が展開したら10.5~12cmのポリポットに移植します。ポリポットに直接まく場合は3~4粒タネまきし、本葉が出てきたころ生育のよい1本を残し、ほかは地際から切ります。育苗期間30日前後、本葉4~5枚で株間1mに定植します。
Q整枝など管理について教えてください。
Aシロウリは孫づるに着果する習性があるので、整枝は必ず行ないます。本葉5~6枚になったら摘芯して、敷きワラの上に子づるを2~4本伸ばします。子づるは20節程度で摘心し、わき芽は込みすぎない範囲で、できるだけ残すほうがつるもちがよいです。株のようすを見ながら追肥を畝間にします。乾燥すると草勢が弱まり、収量が少なくなるので、畑が乾いたら適宜水やりをします。着果後、形のわるいものは摘果します。
Q株がしおれてしまうのは?
Aシロウリは根が深くならない(浅根性)のため乾燥に弱いので、敷きワラをし、こまめに水やりをします。シロウリなどウリ科作物の根は酸素を好むので、過湿状態が続くと酸素欠乏を起こして、しおれたり、ひどいと枯れます。水はけをよくします。つる割病にかかると、昼間に葉がしおれ、夕方には回復しますが、数日後にはしおれて枯れます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。連作はさけます。カボチャ台木に接木します。
Q株全体がしおれて、水をやっても回復せず、やがて枯れてきました。
Aつる割病と思われます。発生時期は5~10月。はじめは日中に葉がしおれ、夕方には回復するが、2~3日後はしおれて枯れます。根は褐変腐敗し、地際の茎も褐変します。病株は早く畑から持ち出して処分します。連作をすると発生しやすいので、ウリ科作物は3~4年栽培を休みます。家庭菜園用には適切な登録農薬がありません。
Q夏に葉全体が白っぽくなってカサカサとした感じです。
Aハダニ類の害と思われます。乾燥期に葉裏に寄生して吸汁します。発生初期に登録農薬(殺ダニ剤)を散布して駆除します。ハダニは水分を嫌うので、ときどき株全体を洗うように水をかけるのも効果があります。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.