タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ひょうたん 「大ひょうたん」

ひょうたん 「大ひょうたん」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ひょうたん 「大ひょうたん」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

日よけ・観賞用のほか、果実を加工して置物やおもちゃにして楽しめます。果実は長さ30cm前後、直径15cmほどになります。千成ヒョウタンと組み合わせるとさらに楽しみが増します。

栽培環境・土づくり

日当たり、水はけ、風通しのよいところで栽培します。ウリ科作物の連作は避けます。植えつけの2週間以上前に、土壌の酸度調整とカルシウム補給のために、苦土石灰を1㎡当たり150g程度施しておきます。1週間前までに完熟堆肥約3kgと有機配合肥料100g程度を施します。健康に育てるために、畑は深く耕して、根を大きく張らせます。

タネまき・植えつけ

遅霜の心配がなくなってからなら直まきもできますが、一般には育苗をします。発芽適温25~30℃を確保して、3号(9cm)ポリ鉢にタネを3~4粒まき、1cm程度覆土します。発芽するまで乾かさないようにします。本葉1~2枚のころ1本に間引きします。苗全体に光が十分当たるように管理し、本葉4~5枚になったら、株間約90cmで植えつけます。

管理のポイント

植えつけは地温が15℃以上になってからにします。早く植える場合は、保温キャップやポリマルチなどをして地温を確保します。植えつけ後、つるが伸びてきたら、下のほうの子づる(側枝)はかきとり、支柱に誘引します。誘引が遅れると、つるが垂れ下がって折れてしまいます。毎日のようにヒモで結束していきます。栽培期間が長いので、株の様子を見ながら追肥をします。確実に果実をつけるには、夕方に開花した際、雄花をとって、雄しべの先を雌花の柱頭につける人工受粉を行います。

病害虫・生理障害

うどんこ病は、葉にうどん粉をふりかけたような白いカビが生じます。つるを早めに整理して、日当たりと風通しをよくします。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。根が健全に育てば、地上部も健全に育ち、病害にも強くなります。アブラムシは急速に増加するので早期発見に努め、捕殺するなど早期に防除します。

収穫・保存・利用

開花後50~60日を目安に収穫します。収穫の時期が遅れてもまったく問題がないので、あわてて未熟なものを収穫しないようにします。未熟だと皮が薄く、水につけておく際に壊れてしまいます。葉やつるが枯れてから収穫すると安全です。口部にドリルなどで穴をあけ、水に10日くらいつけ、内部を腐らせた後、針金などでタネをとり出します。よく洗って乾かし、酒器や花器などにします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

緑のカーテンにも利用できます!

緑のカーテン特集サイトはこちら

ひょうたん 「大ひょうたん」
品目 ヒョウタン(瓢箪)
原産地 北アフリカ、インド、タイ
科・属名 ウリ科ユウガオ属

ひょうたん 「大ひょうたん」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ひょうたん 「大ひょうたん」 の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aヒョウタンの発芽適温は25~30℃です。保温マットなどで適温を確保してタネまきします。タネは皮がかたく、水分を吸収しにくいので、ペンチなどでタネの一部を傷つけて、2時間ほど水に浸して、吸水させてからタネまきします。発芽するまでは、水を切らさないようにします。過湿になると、タネが腐ったり、発芽不良になったりします。水はけのよいタネまき用の培養土を使用します。
Q整枝方法は?
Aヒョウタンは棚をつくり、果実をつり下げるようにならせます。つるは支柱にそって誘引します。こまめに結束しないと、つるが折れてしまうことがあります。下のほうの子づるは早めにかきとります。親づるが棚まで伸びたら、摘芯して子づるを数本伸ばします。孫づるは葉1枚残して摘芯します。孫づるに果実がつきます。誘引は毎日行い、株全体に光がよく当たるようにします。
Q収穫の目安は?
A皮が厚くかたいヒョウタンをつくるためには完熟させます。未熟で収穫すると皮が薄く、水づけの際に壊れてしまいます。開花後、千成ヒョウタンは50日、大ヒョウタンは70日程度で完熟になります。開花日のラベルをつけておくと目安になりますが、葉やつるが完全に枯れてから収穫したほうが安全です。完熟果は、果実の表面の毛茸がなくなり、爪先ではじくと高い音が出ます。
Q人工受粉について教えてください。
Aヒョウタンには雄花と雌花があり、夕方の4時ごろに咲きます。雌花は枝の第1~3節につき、ほかの節には雄花のみがつきます。確実に果実をつけるには、雄花をとって、雄しべの先を雌花の柱頭につける人工受粉を行います。自然状態では、夜に活動する「ガ」が受粉します。
Qどんな害虫に注意したらよいですか。
Aウリキンウワバ(ガの一種)の幼虫が、ヒョウタンに特異的に集中して、幼果や葉をかじり、果実にアバタをつくります。捕殺のほか、発生期に登録農薬(殺虫剤)の散布や捕殺をします。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.