タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. どっさりピーマン 「翠玉二号」

どっさりピーマン 「翠玉二号」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「どっさりピーマン 「翠玉二号」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

乾燥と病気(タバコモザイクウイルス)に強く、長い間たくさん収穫できるので、家庭菜園向きです。果実はシワの少ないきれいな形で、重さ40gほどの濃緑で果肉の厚いピーマンです。

栽培環境・土づくり

植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰約150g、1週間ほど前に完熟堆肥3~4kgとリン酸分を多めに含む有機配合肥料を120gほど施します。うね幅1m、株間50cmを目安に畑をつくります。

タネまき・植えつけ

ジフィーセブンに2粒まきにして間引くか、育苗箱に8cmを目安としてスジまきにし、本葉が1~2枚のころ4号(12cm)ポリ鉢に植え替えます。その後、最初の花が咲くころに植えつけます。購入苗の場合、小さい苗が多く、また、早く売り出されていることが多いので、大きな鉢に植え替え、暖かいところで再び育苗し、外気が十分に暖かくなってから(15~16℃)畑に植えつけることが大切です。

管理のポイント

3-4本仕立てを基本とし、不要な枝は切り落とすとともに、早めに支柱をたて、枝が折れないようにします。気温が上がってくると、敷きワラあるいはマルチを用いて、乾燥と根やけを防ぎます。肥料切れすると果実が小さくなりやすいので、早めの追肥を心がけます。

病害虫・生理障害

ヨトウムシ、ハスモンヨトウ、アブラムシの被害を受けやすいので、早期に発見して、薬剤を散布します。

収穫・保存・利用

開花後15日くらいで実が大きくなり始め、さらに5~10日で鮮やかな緑になったら収穫できます。果実が子供の握りこぶし大、重さ40gくらいが収穫適期です。収穫後、次々と実がなるので、株を疲れさせないためにも、早めの収穫を心がけ、長期にわたり収穫します。赤く熟させてから収穫することもできますが、収量は少なくなります。ピーマンの枝は折れやすいので、収穫は必ずハサミを用いて行います。ビタミンA、Cが多く含まれ、カロテンも豊富です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

どっさりピーマン 「翠玉二号」
サカタ交配
品目 ピーマン(パプリカ)
原産地 熱帯アメリカ
科・属名 ナス科トウガラシ属

どっさりピーマン 「翠玉二号」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

どっさりピーマン 「翠玉二号」の栽培Q&A

Q花は咲きますが、着果不良で困っています。
Aピーマンはほかの果菜類に比べると多肥を好みます。肥料切れになると落花が多くなります。適宜追肥をし、根を切らないように土寄せし、土壌の通気性をよくします。乾燥も落花の原因になります。完熟堆肥を十分施して水はけと水もちをよくし、敷きワラをします。一度にたくさんの果実をつけると株への負担が増し、落花が多くなります。果実がなりすぎたときは、若どりして株への負担を軽くします。
Q果実の尻の部分が黒く腐ってしまいました。
A病原菌による病気ではなく、石灰(カルシウム)欠乏による生理障害(尻腐れ症)です。若苗定植、高温乾燥、湿害などにより発生が多くなります。定植前に適当量の苦土石灰と十分な完熟堆肥を施し、根を広く張らせて石灰を吸えるようにします。窒素肥料が多いと石灰が吸えなくなるので、窒素肥料を少なめにします。敷きワラをして地温を下げ、水分を安定させます。塩化カルシウム0.5%液を葉面散布すると効果が期待できます。
Q葉が緑色濃淡のモザイク模様になり、縮んで生育が悪くなりました。
Aウイルスによるモザイク病と考えられます。モザイク病にかかると、葉が緑色濃淡のモザイク状や、細く奇形になります。果実が凸凹になることもあります。モザイク病は薬剤では防除できません。病株は見つけしだい、ほかへ伝染しないように抜きとり、持ち出し処分します。アブラムシが媒介するので、アブラムシを防除します。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると効果が期待できます。
Qカラーピーマンがなかなか着色しません。
A緑果のピーマンは開花後20~25日で収穫します。カラーピーマンは、品種、着果後の湿度などでも違いますが、赤や黄色になるまでは開花後40~70日かかります。着果数が多いと、株への負担が増し、着色も遅れます。
Qピーマンをよく発芽させるのはどうするのですか。
A発芽適温(地温)は25~30℃(最低10℃、最高35℃)です。20℃以下では発芽が極端に遅れます。温度の低いときのタネまきは発芽育苗器、保温マットなどで適温を確保します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.