タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. はやどり ブロッコリー 「ピクセル」

はやどり ブロッコリー 「ピクセル」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「はやどり ブロッコリー 「ピクセル」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

農林水産大臣賞に輝く、春まき・夏まきのできるつくりやすい早生種です。花蕾は濃緑色で大きなドーム型、しまりがよく、花蕾粒はきれいで細かく、日もちもすぐれています。

栽培環境・土づくり

植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰100~150g、1週間ほど前に完熟堆肥2~3kg、NPKを含む化成肥料100g程度を施し、耕しておきます。水はけが悪いところでは高うねにします。うね間65~70cm、株間35~45cmを目安にします。

タネまき・植えつけ

128穴のセルトレーに1~2粒ずつまき、本葉1.5枚のころ1本にします。または、プラントベッドに土と完熟堆肥を等量混ぜた用土を入れて、6~12cm間隔のスジまきします。5~7㎜覆土し、水やりをしてから、発芽適温と水分を保つため、夏場では新聞紙をかけます。発芽したら新聞紙をはずし、子葉が重ならないように順次間引きます。本葉が1~2枚になったころ、ポットまたは苗床に植え替えます。本葉が4~5枚になったころ、畑に植えつけます。

管理のポイント

生育を促進するため、植えつけ後すぐに水やりします。また、植えつけてから10~14日後、雑草防除も兼ねて土寄せを行います。追肥は、本葉が8枚のころと花蕾の見え始めるころを目安に行います。

病害虫・生理障害

苗床では立枯苗やべと病が、植えつけ後は黒腐病や黒斑病などの細菌病や、根こぶ病などの土壌病害が発生します。殺菌剤などで予防すると同時に、水はけや風通しをよくし、病害の発生を抑えます。生育前期の葉がやわらかいときに、とくに害虫がつきやすいので、早めに発見して、捕殺または殺虫剤を散布します。防虫ネットなどを利用すると、省農薬になります。ヨトウ、コナガ、アオムシなどが大敵です。アブラムシも大量発生することがあるので、注意します。タネまき適期より早くまくと、高温障害が発生しやすくなります。また窒素肥料が多すぎると、カルシウム欠乏やホウ素欠乏を招くので注意が必要です。

収穫・保存・利用

植えつけ後60日ほどで直径15cmになり収穫できますが、初夏~夏は花蕾の肥大が早いので、取り遅れないように締まりのよい花蕾を収穫します。品質を保つため、できるだけ涼しい時間帯に収穫し、低温で管理します。栄養価が高く、とくにビタミンCはレモンの2倍です。鮮やかな緑色と独特の風味が好まれます。また抗がん物質も多く、代表的な緑黄色健康野菜として需要が増大しています。温野菜サラダとしてだけでなく、てんぷらや中華料理にもあいます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

はやどり ブロッコリー 「ピクセル」
サカタ交配
品目 ブロッコリー
原産地 地中海沿岸
科・属名 アブラナ科アブラナ属

はやどり ブロッコリー 「ピクセル」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

はやどり ブロッコリー 「ピクセル」の栽培Q&A

Q毎年、苗がヒョロヒョロと徒長してしまいます。
A「苗半作」というように、苗の出来・不出来が収穫を左右します。茎の太い、よい苗をつくるには、タネを育苗箱に薄まきにします。葉が重なり合わないように間引きし、本葉2枚のころ3~4号ポットに移植します。光合成の行なわれない夜間にポットの水分が多すぎると、苗が徒長してしまいます。水やりは朝にやり、夕方に土の表面が乾く程度にします。日当たりと風通しのよいところで育苗します。
Q株が大きくならないのに花蕾ができてしまいました。
A早期出蕾(ボトニング)であると考えられます。ボトニングとは、株が十分にできない(葉枚数が少ない)うちに低温にあうと、早期に花芽分化し、花蕾が小さくなってしまう生理障害です。極早生種や早生種など低温に敏感な品種に発生が見られます。春まき栽培の最低夜温は10℃以上必要です。定植後の活着不良、乾燥、肥料切れなどのストレスも早期出蕾を助長します。完熟堆肥を十分施して土づくりをします。
Q根にコブができ、株がしおれてしまいました。
A根こぶ病であると考えられます。根こぶ病は、根にコブを生じ、生育が悪くなり、ひどいと株が枯れます。病原菌は酸性土壌で繁殖するので、苦土石灰などで酸度(pH)調整します。土壌水分が多いと発生しやすいので、高うねにするなど水はけをよくします。アブラナ科作物の連作は避けます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。登録農薬(殺菌剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.