タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. あまうま 耐病小松菜 「浜美2号」

あまうま 耐病小松菜 「浜美2号」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「あまうま 耐病小松菜 「浜美2号」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

小型の丸葉で、ツヤのある濃緑色、葉軸が太く、味がよいのが特長です。低温下での伸びがよいので正月菜、冬菜としても利用できます。萎凋病に対して抵抗性があります。

栽培環境・土づくり

連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。1㎡当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2kgと有機配合肥料約60g(高温期には少なく、低温期には多めに)を目安として施します。プランターでの栽培も手軽にできます。

タネまき・植えつけ

条間15~20cm、株間3~5cmが標準です。深さ1cmぐらいにスジまきして本葉が2~3枚のころまでに間引きます。プランターでも同様です。暑い時期は徒長や病気を抑えるため株間を広くとって風通しをよくします。水やりにむらがあると発芽がそろわず、最終的に生育が不ぞろいになります。タネまき後の水やりは十分行います。

管理のポイント

コマツナは暑さ、寒さに強く周年でつくりやすい野菜です。高温期は生育が早いため、一度にタネまきしすぎると収穫しきれなくなるので注意します。冬は寒さに当たりすぎると春にトウ立ちしてするので、トンネル被覆栽培で保温して生育を促します。追肥は必要ありません。

病害虫・生理障害

とくに害虫が問題となる高温期は生育期間が短く農薬は残留する危険性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などによるトンネル被覆栽培で物理的に防ぎます。

収穫・保存・利用

高温期は22~30日、低温期は40~50日で草丈が20cm前後になったら収穫します。根部を地中に残すと根こぶ病、萎黄病などの土壌病害の原因となるので、畑から持ち出すよう心がけます。スジが少なく歯切れがよいです。おひたしなどに利用します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

あまうま 耐病小松菜 「浜美2号」
サカタ交配
品目 コマツナ(小松菜)
原産地 中国、日本
科・属名 アブラナ科アブラナ属

あまうま 耐病小松菜 「浜美2号」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

あまうま 耐病小松菜 「浜美2号」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
A発芽には適温(地温)と適湿(水分)と空気(酸素)が必要です。コマツナの発芽適温は20~30℃です。適温を確保してタネまきします。乾燥した畑では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く(タネの2~3倍)覆土し、軽くおさえて、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネが乾かないように不織布をかけるのも効果的です。
Q連作はできますか?
Aコマツナは比較的連作に耐える作物ですが、家庭菜園ではコマツナだけでなくアブラナ科作物の連作は避けるようにします。連作をするとアブラナ科作物を好む病原菌や害虫が増え、年々被害が大きくなります。また、土壌中の特定の微量要素が吸収されてしまい、要素欠乏症を起こす危険性が高まります。完熟堆肥を十分施しミネラルの補給を図ります。
Q生育をよくするには?
A日当たり、水はけ、風通しのよいところで育てます。コマツナは地上部(葉)を収穫、利用する野菜ですが、地下部(根)が健全に育たないと地上部の生育は悪くなります。完熟堆肥を十分施して、土の中の有効菌を殖やし、根の張りをよくします。水はけの悪い畑では高うねにします。密植になると徒長しやすいので、間引きを早めに行い、日当たりと風通しをよくします。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.