タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ツケナ 「こぶたかな」

ツケナ 「こぶたかな」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ツケナ 「こぶたかな」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

漬け物用として発達したタカナの中でも、本種は濃緑色で葉軸がやや幅広で、中央部がコブ状にふくらんでくる変わった品種です。漬け物、炒め物やスープなどに利用します。

栽培環境・土づくり

連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。1㎡当たり苦土石灰120g、完熟堆肥3kgと有機配合肥料100gを目安として施します。プランターでの栽培も手軽にできます。

タネまき・植えつけ

条間65cmを目安にスジまきします。覆土を1cmくらいし、発芽するまで乾かさないように管理します。間引きながら本葉4~5枚までに株間30~40cmにします。育苗する場合は、3号(9cm)ポットに5~6粒まき、生育のよいものを1本残し、本葉4~5枚になったら株間30~40cmで定植します。高温時のタネまきなので、アブラムシやヨトウムシの飛来を防ぐために寒冷紗を張ると安心です。

管理のポイント

日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃なところで栽培します。水はけの悪い畑では高うねにします。株の様子を見ながら株の回りに2~3回追肥して、大株に育てます。中耕と除草をし、根部に酸素を供給し、生育を促します。株が大きくなると寒さに弱くなるので、温暖地での越冬栽培は、11月ころからトンネルをかけるなど保温をします。

病害虫・生理障害

タカナ類は、気温が低下していく秋に栽培するので、病虫害の発生は少ないほうですが、葉が緑色濃淡のモザイク状になって縮むウイルス病が問題になることがあります。ウイルス病は農薬では治りません。ウイルス病はアブラムシが媒介するので、寒冷紗などで被覆して飛来を防ぎます。アブラムシを農薬で防除するときは、説明書をよく読み、間違いがないようにします。

収穫・保存・利用

タネまき後70~80日、株の直径40~50cmを目安に収穫します。小さいうちは間引き菜、年内収穫のものは株ごと刈りとります。年越しして春に収穫するには葉をかきとり、トウ立ちしたものからトウも収穫、利用します。こぶの部分はやわらかくて特においしいです。葉はビリッと辛みがあります。漬物や油いためにすると、風味があってよいです。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ツケナ 「こぶたかな」
品目 ツケナ(漬け菜)
原産地 アジア
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ツケナ 「こぶたかな」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ツケナ 「こぶたかな」 の栽培Q&A

Q葉が縮んで生育が悪くなりました。
A葉が縮んだり奇形になるのはウイルス病です。早期に感染すると枯死することもあります。ウイルス病は薬剤では防除できません。病株は見つけ次第、ほかへ伝染しないように抜きとり、持ち出し処分します。ウイルス病はアブラムシが媒介するので、アブラムシを防除します。アブラムシは高温・乾燥で多発するので、8月の早まきは避けます。生育初期だけでも寒冷紗などで被覆栽培すると効果が期待できます。
Q花が咲いてしまいました。原因は?
Aキャベツ、コマツナ、ダイコンなどのアブラナ科作物は低温で花芽分化し、その後の高温・長日でトウ立ちが促進されるものが多いのですが、タカナとカラシナの仲間は主として長日条件によって花芽分化します。春まきすると長日条件下なので、すぐに花芽分化し株が大きくなりません。春まき栽培は避けます。温暖地では8月下旬~9月下旬にタネまきします。
Q利用方法は?
A本葉4~5枚までの間引き菜も、おひたしやみそ汁の具に利用できます。タネまき後70~80日、草丈が30~40cmになったら収穫します。コブタカナは中国野菜ですから、いため物に適します。家庭では中国料理店のような強火でいためられないので、軽く湯通ししてからにします。漬物にも利用できます。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.