タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ツケナ 「葉からし菜」

ツケナ 「葉からし菜」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ツケナ 「葉からし菜」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

中国から渡来したタカナの仲間です。適応性が強く、寒さにも強いのでとてもつくりやすい品種です。塩漬け、ぬかみそ漬け、煮物に利用します。

栽培環境・土づくり

連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。1㎡当たり苦土石灰120g、完熟堆肥2kgと有機配合肥料80gを目安として施します。プランターでの栽培も手軽にできます。

タネまき・植えつけ

1m幅のうね(またはプランター)に条間20cmでスジまきバラまきし、間引いて本葉3~4枚で株間10cmになるようにします。苗を育てて本葉3~4枚のころに植えつけることもできます。

管理のポイント

暑さ、寒さにも比較的強く、つくりやすい野菜です。暑い時期は生育が早いので元肥を5割少なく、寒い時期は3割増やすか追肥をします。冬に寒さに当たりすぎると春にトウ立ちします。トウが立つ前に収穫するか、トウを育てて花が1輪咲く前に収穫してトウを食します。

病害虫・生理障害

病害虫に強い野菜です。とくに害虫が問題となる高温期は生育期間が短く農薬は残留する危険性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などによるトンネル被覆栽培で物理的に防ぎます。農薬を使用する際は、ラベルをよく読み、間違いのないようにします。

収穫・保存・利用

小さいうちから間引きながら利用しますが、普通草丈20cmを目安に収穫します。寒さには強い品種ですが、秋まきのものはササなどを立てて防寒をすれば、葉が傷まずに春まで収穫できます。塩漬け、ぬかみそ漬け、煮物などに利用します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ツケナ 「葉からし菜」
品目 ツケナ(漬け菜)
原産地 中央アジア
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ツケナ 「葉からし菜」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ツケナ 「葉からし菜」 の栽培Q&A

Q大株にするには?
Aカラシナは周年栽培できますが、秋まきして早春にトウ立ちを始めたころの辛みと風味も楽しむことができます。春先まで大株に育てるには、完熟堆肥を十分施し、有機質肥料や緩効性肥料を使い、畑を乾かさないように適宜水やりします。密植すると風通しが悪くなり、病害の発生も多くなるので、早めに間引きして、株間を20cm以上広くとります。大株になるほど辛みは強くなります。
Q葉が縮んで生育が悪くなりました。
Aウィルス病に感染していると考えられます。ウィルス病は、葉が縮んだり奇形になり、早期に感染すると枯死することもあります。ウィルス病は薬剤では防除できません。病株は見つけ次第、ほかへ伝染しないように抜きとり、持ち出し処分します。ウイルス病はアブラムシが媒介するので、アブラムシを防除します。アブラムシは高温・乾燥で多発するので、盛夏のタネまきは避けます。生育初期だけでも寒冷紗などで被覆栽培すると効果が期待できます。
Q花が咲いてしまいました。原因は?
Aキャベツ、コマツナ、ダイコンなどのアブラナ科作物は低温で花芽分化し、その後の高温・長日でトウ立ちが促進されるものが多いのですが、カラシナとタカナは主として長日条件によって花芽分化します。カラシナはトウ立ちしたものも利用しますが、春まきすると長日条件下なので、すぐに花芽分化し株が大きくなりません。春まき栽培は草丈が15~20cmになったら一斉収穫します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.