タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. あまうまやわらか かき菜 「さちうら」

あまうまやわらか かき菜 「さちうら」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「あまうまやわらか かき菜 「さちうら」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 甘味とコクがあり食味がよい

特長

つぼみを持った茎葉を収穫し、甘味と独特のコクあります。茎色、葉の色ともに鮮やかで、葉にはフリルが入ります。耐寒性が強く、再生力も旺盛で早春から晩春まで、長期間収穫が楽しめます。

栽培環境

日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰約100g、1週間ほど前に完熟堆肥約2kg、有機配合肥料約80gを施します。水田の裏作など、水はけの悪い土地で栽培する場合は、高うねにするとよいです。

タネまき~植えつけ

うね幅1mに40cm間隔で2条にスジまきをします。本葉4~5枚で間引きしながら、株間40cmにします。長期間収穫する場合は、株間をさらに広くとるといいです。プランターや鉢を使ったコンテナ栽培も出来ますが、底の浅いプランターは避けます。大きく育てて収量を確保するためには、尺鉢(直径30cm、16L程度)で1株が適当です。30~50Lの大型のプランターならば2株が適当です。

管理のポイント

発芽適温は20℃前後、生育適温は15~20℃です。秋に十分に株を大きくすることが大切で、風などで倒れないように、本葉が10~15枚のころに軽く株元に土寄せをします。

病害虫・生理障害

タネまき後1~2か月は、モンシロチョウやコナガ、ヨトウムシなどの害虫がまだいるため、防虫ネットや農薬を使用するなどして早めの防除に努めます。しかしそれ以降は寒くなるため害虫はほとんど発生しないため、防虫ネットなどは外します。

収穫・保存・利用

寒さが和らぎはじめ、とうが立ってきたら芯を止めるます。その後、わき芽が次々と伸びてくるので、葉1~2枚を残して収穫をします。長さ20cm前後をめどに摘み取り、1回収穫するごとに株元に1つまみの肥料を施します。花が咲くと茎などがかたくなる上に、株が弱るため、つぼみの段階で早めに収穫を心がけてください。

栽培暦

あまうまやわらか かき菜 「さちうら」
サカタ交配
品目 カキナ(かき菜)
原産地 諸説
科・属名 アブラナ科アブラナ属

あまうまやわらか かき菜 「さちうら」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.