タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. セロリ 「コーネル」

セロリ 「コーネル」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「セロリ 「コーネル」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

冷涼な気候と多めの土壌水分を好み、適応性が広く、適温期を選んで全国的につくれます。長めで厚みのある葉柄は、適度な芳香があり、サラダ・スープ・煮物・漬け物などに利用できます。

栽培環境・土づくり

日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。肥料と水を多く好みます。植えつけの2週間以上前に1㎡当たり苦土石灰100gほど、1週間前までに完熟堆肥約3~4kgと有機配合肥料100~150gを施します。うね間60cm、株間35cmを標準として畑をつくります。

タネまき・植えつけ

育苗箱に条間6~8cmでスジまきします。タネが小さいので、折った紙にタネを乗せて、均等に落としていきます。好光性種子なので、覆土はごく薄くします。間引きをし、本葉が3枚くらいになったら、苗床に15×15cmで植え替えます。3号(9cm)ポリ鉢で育苗することもできます。本葉が7~9枚になったころ、うね間60cm、株間35cmで植えつけます。

管理のポイント

水を好む作物なので十分に水やりし、敷きワラをして乾燥を防ぎます。肥料切れしないように、株の様子をみながら15~20日おきに追肥をします。植えつけ後30~40日たつとわき芽が伸びて、そのままにしておくと生育が遅れるので、黄変した下葉と一緒にかきとります。

病害虫・生理障害

株間を広くとり、日当たりと風通しをよくします。軟腐病は薬剤での防除が難しいので、植えつけ時の植え傷み、窒素過多、過湿などに注意します。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。

収穫・保存・利用

2kg近くになったら根元から切りとって収穫します。株を新聞紙などで巻いて軟白すると上品なやわらかい味になり、日に当てるとグリーンが濃くなってワイルドな味になります。家庭菜園で長く収穫する場合は、外側からかきとって利用します。サラダなど生食で香りと舌ざわりを楽しみます。スープ、いため物、漬物などにも利用できます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

セロリ 「コーネル」
品目 セロリ(セルリー)
原産地 南ヨーロッパ
科・属名 セリ科オランダミツバ属

セロリ 「コーネル」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

セロリ 「コーネル」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aセロリの発芽適温は15~20℃です。25℃以上になると発芽しにくくなるので、夏は涼しい日陰で発芽させます。好光性種子なので覆土はごく薄めにします。発芽までは敷きワラをして土が乾かないようにします。芽が出始めたら、ワラをとり除きます。発芽したら込んだところを早めにピンセットで間引きます。本葉2~3枚のころ、苗床に株間15cmで移植します。株数が少ない場合はポットに移植します。
Q育苗の注意点は?
Aセロリのタネまき・育苗は、真夏の高温期のため白寒冷紗で日よけをして行ないます。ヨシズや黒寒冷紗を使用すると日照不足となり、苗が徒長してしまいます。白寒冷紗でも、朝夕はとり外して、できるだけ日に当てます。セロリは生長が遅いので、本葉7~10枚の大苗で定植します。植え穴は大きめにあけておき、やや浅植えにし、葉柄の間に土が入らないようにします。
Q生育をよくするには?
Aセロリはひげ根が多く吸肥力が弱いので、多肥栽培しないと太い葉柄をもった株になりません。有機質に富む肥よくな畑を好む野菜です。完熟堆肥を十分施し、肥料不足にならないよう15~20日おきに化成肥料と油かすを施します。生長には多くの水分を必要とします。乾燥に弱く、ひどいと葉の縁が褐変する石灰欠乏症が多発します。敷きワラをして、適宜水やりをします。

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.