タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. しそ 「大葉青しそ」

しそ 「大葉青しそ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「しそ 「大葉青しそ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

生育旺盛で作りやすいシソです。栄養豊富で芽ジソ、葉ジソ、穂ジソとして広く用途があります。薬味として上品な芳香を楽しみます。(しそは同種でも季節・栽培環境によって香り・形状が若干違うことがあります。ご了承お願いいたします。)

栽培環境・土づくり

日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。植えつけの2週間以上前に1㎡当たり苦土石灰80~100gほど、1週間前までに完熟堆肥約1~3kgと有機配合肥料40g以上を施します。代表的な短日性植物なので、8~9月になると花穂が伸びてきます。

タネまき・植えつけ

シソの発芽適温は25~30℃なので、十分暖かくなってからタネまきします。100cmのベッド条間30cmのスジまきを標準とします。バラまきもできますが、間引きに手間がかかります。ポット育苗して本葉が4~5枚になったころに植えつけることもできます。タネを一晩水につけて吸水させてからまくと、発芽がはやまります。好光性種子なので覆土は薄くします。間引きをして本葉が4枚くらいで株間30cm程度の1~3本立てにします。

管理のポイント

寒い地域や、早まき栽培では、ポットやセルトレイで育苗します。シソは初期生育が遅いので、雑草に負けないように除草・中耕します。密植すると日当たりが悪くなり、徒長して着色も悪くなります。わき芽の伸びが悪くなったり、葉色が薄くなってきたら液肥など速効性肥料追肥をします。

病害虫・生理障害

病気はほとんど出ませんが、株間を広くとって日当たりと風通しをよくします。ベニフキノメイガは葉を全部食べてしまうので、見つけしだい捕殺します。

収穫・保存・利用

本葉が10枚以上になったら、下のほうから若葉を摘んで利用します。刺身のつま、天ぷら、そうめんや冷やっこの薬味などに利用します。穂ジソは天ぷらや添え物に、シソの実は佃煮などにします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

しそ 「大葉青しそ」
品目 シソ(紫蘇)(大葉)
原産地 中央アジア
科・属名 シソ科シソ属

しそ 「大葉青しそ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

しそ 「大葉青しそ」の栽培Q&A

Q発芽不良の原因は?
Aシソの発芽適温は25~30℃前後です。露地の直まきは、地温が上昇してからでないと発芽しません。発芽するまで10~15日かかります。発芽するまで水を切らさないようにします。タネは皮がとてもかたく、水分を吸収しにくくなっています。タネを一晩水に浸して吸水させてからまくと、発芽がよくそろいます。好光性種子なので、発芽には光を必要とします。覆土はごく薄くして、軽く鎮圧し、タネと土を密着させます。
Q生育不良の原因は?
Aシソは初期生長が遅いので、雑草に負けないように、こまめに除草、中耕をします。シソは乾燥に弱いので、夏の前に敷きワラをします。乾燥がひどいときは水やりをします。肥料切れすると、葉がかたく小さくなります。完熟堆肥を十分施し、こまめに追肥します。シソは半日陰でも育ちますが、徒長し、葉色も香りも悪くなります。盛夏の強光も品質を低下させるので、寒冷紗などで遮光します。
Q香り不足の原因は?
Aシソは古くから薬用にも用いられてきた和風ハーブです。独特の香りは防腐力があります。香りの強さは品種によって大きく違います。肥料切れすると香りが弱くなります。完熟堆肥を十分施し、こまめに追肥します。化学肥料ばかりで有機質不足の畑や、窒素過多などで香りが弱くなることがあります。ウイルス病、さび病、ハダニ、アブラムシなどの病虫害で株が弱ると、香りも弱くなります。早めに防除します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.