タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ツケナ 「オータムポエム アスパラ菜」

ツケナ 「オータムポエム アスパラ菜」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ツケナ 「オータムポエム アスパラ菜」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

「紅菜苔」に似た姿で、緑鮮色のトウ立ちした茎や葉と花蕾を利用します。茎や葉はアスパラガスに似た風味と甘みがあり、とてもおいしい野菜です。葉は、かき菜として利用します。

栽培環境・土づくり

地力の低下は病気や障害の発生につながり、品質低下の原因になります。完熟堆肥やバイオエース等の有機物を積極的に施して、土をつくります。1㎡当たり苦土石灰120g、完熟堆肥3kgと有機配合肥料80gを目安として施します。

タネまき・植えつけ

128穴のセルトレーにまき、本葉1~2枚で1本にします。本葉が2~3枚になったころにうね間65cm、株間30cmを目安として植えつけます。スジまきする場合は、順次間引きをして、本葉が5枚くらいになるまでに株間15~20cmにします。点まきにしてもよいです。長期収穫する場合は、株間を35cm程に広くして大株にします。

管理のポイント

よい花茎をたくさん出すには、良質の堆肥と有機質肥料を十分に施すことが必要です。収穫後、1株あたり1握り程度の化成肥料追肥します。

病害虫・生理障害

病気は一般のツケナと同様にべと病や白さび病などが発生します。トウを食用とするので、収穫物が病気の被害を受けることは少ないですが、蔓延しないように予防しておきます。

収穫・保存・利用

主茎の蕾が見え始めたら、下葉を10枚程度残して摘芯します。花が1~2花開花し、花茎が20~25cm伸びたものを摘みとります。主茎を収穫後、わき芽が2番、3番と順次伸びてくるので、次から次と長期間収穫ができます。1株から20本あまりが収穫できます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ツケナ 「オータムポエム アスパラ菜」
サカタ交配
品目 ツケナ(漬け菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ツケナ 「オータムポエム アスパラ菜」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ツケナ 「オータムポエム アスパラ菜」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
A発芽には適温(地温)と適湿(水分)と空気(酸素)が必要です。オータムポエムの発芽適温は20~25℃です。適温を確保してタネまきします。乾燥した畑では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く(タネの2~3倍)覆土し、軽くおさえて、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネが乾かないようにします。
Q生育をよくするには?
A日当たり、水はけ、風通しのよいところで育てます。オータムポエムは地上部(茎葉と花)を収穫、利用する野菜ですが、地下部(根)が健全に育たないと地上部の生育は悪くなります。完熟堆肥を十分施して、土の中の有効菌を殖やし、根の張りをよくします。水はけの悪い畑では高うねにします。密植になると徒長しやすいので、間引きを早めに行います。畑が乾いたら適宜水やりします。
Q利用方法は?
Aオータムポエムは中国野菜のコウサイタイ(紅菜苔)とサイシン(菜心)をもとに育成した野菜です。秋から冬にトウをたべます。トウが立ってきたら早めに摘芯して側枝を出させます。側枝は、未開花あるいは1~2花咲き、長さが20~25cmに伸びたものを摘みとります。アスパラ風味のクセのないおいしい野菜です。おひたし、サラダ、漬物、いため物、天ぷら、ベーコン巻き、スープの具などに利用します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.