タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「スープセロリ」

「スープセロリ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「スープセロリ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

セロリの原種といわれ、生育が早く、丈夫でつくりやすい家庭菜園向き野菜です。草丈は50~60cm、茎が細く葉が小さいわりに香りが強いのでとくにスープの味を引き立てます。

栽培環境・土づくり

セロリほど多肥でなくてよいですが、施す堆肥は多いほどよいです。1㎡当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2kgと有機配合肥料約80gを目安として施します。プランターでの栽培も手軽にできます。

タネまき・植えつけ

タネが小さいので、まき溝はごく浅くつけます。好光性種子なので、覆土は目の細かいフルイを用いて薄くします。発芽するまでは新聞紙をかけておきます。発芽には10日くらいかかります。乾燥には弱いです。1m幅のベッド条間15cmでスジまきまたはバラまきし、間引いて本葉4~5枚で株間5~6cmにします。そのまま密生させ軟白させる場合は間引きません。

管理のポイント

一般のセロリに比べ、栽培期間も短く、強健なため、栽培は比較的容易です。日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃な畑で栽培します。畑をできるだけ細かく耕し、平らにします。水を好む野菜なので、畑が乾燥しないように水やりします。間引きを適期に行い、間引き菜も利用します。本葉5枚ごろから旺盛に生育するので、液肥や速効性の化成肥料追肥します。

病害虫・生理障害

一般のセロリに比べると、栽培期間も短く、病虫害に強いです。完熟堆肥やバイオエースをなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。根が健全に育てば、地上部も健全に育ち、病害虫にも強くなります。アブラムシなどの害虫は、見つけしだい捕殺します。病害虫は早期発見、早期防除が肝要です。

収穫・保存・利用

収穫はタネまき後、50日を目安にします。密生しているので、自然に軟化します。地上3~4cm残して刈りとれば、再生して2回どりができます。バラまきして5㎝くらいになったころから間引きして、利用すると香りが楽しめます。やわらかく香りが強いので、スープの味を引き立たせるために浮き味にして使われます。葉柄とも肉と一緒に炒めたり、サラダにも利用できます。大きくなったものは、かす漬け、ぬかみそ漬けなどにしておいしいです。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

「スープセロリ」
品目 スープセロリ
原産地 中国
科・属名 セリ科オランダミツバ属

「スープセロリ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

「スープセロリ」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aスープセロリの発芽適温は15~20℃です。25℃以上になると発芽しにくくなるので、夏は涼しい日陰で発芽させます。好光性種子なので覆土はごく薄めにします。発芽までは敷きワラをして土が乾かないようにします。芽が出始めたら、ワラをとり除きます。込んだところを早めにピンセットで間引きます。本葉4~5枚のころ、畑に株間5~6cmで移植します。直まき栽培もできます。
Q収穫方法は?
Aスープセロリはタネまき後30~50日で収穫が始まります。株ごと抜きとる(切りとる)方法と、葉を1枚ごとかいて収穫する方法があります。株間5~6cmと密植して栽培するので、軟白させる必要はありません。プランター、鉢などにバラまきして、草丈が5cmくらいになったころから、間引きながら利用しても、スープセロリ独自の香味が楽しめます。
Q利用方法は?
Aスープセロリは中国では広く栽培されている重要な野菜で、キンサイ(芹菜)とも呼ばれています。セロリの原種といわれ、とても香りが高い野菜です。この香りが肉や魚のにおい消しになります。品種名のように刻んでスープに散らします。サラダ、いため物、おひたし、漬物などに利用できます。加熱する場合は、独自の香りが失せないように短時間で調理します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.