タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. おてがる ほうれん草 「ソロモン」(PRIMAX)

おてがる ほうれん草 「ソロモン」(PRIMAX)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「おてがる ほうれん草 「ソロモン」(PRIMAX)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

暑さ寒さに強く、べと病に強いホウレンソウです。先がとがった濃緑色の葉は横に広がらず、たっぷり収穫できます。日もちもすぐれています。(べと病抵抗性:R-1,3)

栽培環境・土づくり

タネまきの2週間前に1㎡当たり苦土石灰150~200g、有機配合肥料100~120gを施します。酸性に非常に弱いので、土壌酸度矯正をしっかり行います。酸性土壌だと発芽してもすぐ消えてしまいます。完熟堆肥を施すとつくりやすくなるので、1㎡当たり3kgを目安に、タネまきの1週間前までに畑に投入しておきます。

タネまき・植えつけ

条間15~20cmのスジまきまたは点まきし、本葉2~3枚になるまでに間引いて株間を5~6cmにします。PRIMAX種子なので通常、催芽の必要はありません。高温期に発芽させるためには、遮光資材などで被覆して地温を下げるようにします。※PRIMAX種子は発芽しやすいように加工しておりますので、水に浸漬すると吸水過多により発芽率が低下する場合があります。

管理のポイント

水はけの悪い畑では、高うねにして湿害を防ぐようにします。追肥は必要ありません。

病害虫・生理障害

アブラムシ、シロオビノメイガ、ハスモンヨトウなどが問題となります。早期の防除を心がけます。

収穫・保存・利用

草丈20~25cmを目安に収穫します。適期を逃さぬよう随時収穫します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

おてがる ほうれん草 「ソロモン」(PRIMAX)
サカタ交配
品目 ホウレンソウ(法蓮草)
原産地 中央アジア
科・属名 アカザ科ホウレンソウ属

おてがる ほうれん草 「ソロモン」(PRIMAX)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

おてがる ほうれん草 「ソロモン」(PRIMAX)の栽培Q&A

Q株が大きくなる前にトウ立ちしてしまいました。タネが古いのでは?
Aホウレンソウは長日・低温で花芽分化し、その後の高温・長日によってトウ立ちが促進されます。東洋種は日長に敏感で、12~13時間の日長に感応します。西洋種は14~16時間の日長に感応します。栽培時期に応じた品種を選びます。日の短い時期でも、場所によっては道路の照明灯や広告塔の明るさに感応してトウ立ちすることがあります。タネの古い新しいに関係はありません。
Q葉が黄色くなり、しおれて枯れてしまいました。
A萎凋(いちょう)病と考えられます。萎凋病は、高温期に発生し、フザリウム菌が根を褐変腐敗させます。茎を切ると維管束が褐変しています。完熟堆肥を十分施して土づくりをします。連作はさけます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。「アクティオン」など萎凋病耐病性品種を用います。登録農薬(殺菌剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。
Q葉がボロボロに食べられてしまいました。
Aハスモンヨトウの被害と考えられます。ハスモンヨトウによる被害は、9月ごろから多くなります。卵からかえった幼虫が集団で葉を食害します。大きくなった幼虫(イモムシ)は分散し、食害量が級数的に増加します。タネまき直後に防虫ネットを張ります。幼虫を見つけ次第捕殺します。短期間に収穫する野菜なので農薬散布は避けたいですが、登録農薬(殺虫剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.