タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. リーフレタス 「リーフレタスグリーン」

リーフレタス 「リーフレタスグリーン」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「リーフレタス 「リーフレタスグリーン」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

葉は鮮やかなグリーン、ちりめん状になり、つくりやすく家庭菜園に向きます。苦みがなく、やわらかくておいしいレタスです。サラダや料理の添え物として利用します。

栽培環境・土づくり

植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰100g、1週間ほど前に完熟堆肥2~3kgと有機配合肥料80~100gを施します。条間20~25cm、株間20~25cmを目安として畑をつくります。

タネまき・植えつけ

高温だと発芽しにくいので、一昼夜水に浸したり、冷蔵庫に2日程度入れるなどして低温に合わせます。好光性種子なので、覆土は薄く、乾燥させないように管理します。タネまき後3~5日で発芽するので、葉が重ならないように間引き、本葉が2枚くらいになったら、苗床か3号(9cm)ポリ鉢に植え替えます。本葉が4~5枚になるまでに植えつけます。

管理のポイント

植えつけ後は活着をスムーズにさせるとともに、水やりを十分にして初期生育をすすめます。マルチは生育促進、雑草防止などに効果が期待できます。

病害虫・生理障害

菌核病、灰色かび病、軟腐病、べと病などの病害を防ぐために、日当たり、風通し、水はけをよくします。アブラムシは葉に群生して生育を阻害するだけでなく、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると効果が期待できます。窒素肥料が多いと石灰欠乏症などが発生しやすくなります。

収穫・保存・利用

中心部の葉が伸びてきて、株が盛り上がったら株ごと収穫します。収穫したての鮮度を楽しみます。サラダや料理の添えに利用します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

リーフレタス 「リーフレタスグリーン」
品目 レタス
原産地 中近東内陸、小アジア
科・属名 キク科アキノノゲシ属

リーフレタス 「リーフレタスグリーン」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

リーフレタス 「リーフレタスグリーン」の栽培Q&A

Qレタスは高温や暗所だと発芽しないと聞きましたが?
Aレタスの発芽適温は15~20℃で、25℃以上になるとタネは休眠してしまいます。高温期はタネをガーゼなどで包み、一晩水につけ、乾燥させないようにして、冷蔵庫で2日程度催芽させてからタネまきします。レタスは好光性種子なので、タネに光が当たるように、覆土は薄めにします。タネまき用土は、水もちと水はけのよい、立枯病などが発生しない清潔なものを用います。
Q大きくなる前にトウ立ちしてしまいました。タネが古いのでは?
Aレタスは高温にあうと花芽が分化してトウ立ちが促進されます。長日もトウ立ちを促進します。生育初期の短日はトウ立ちを抑制し、高温でもトウ立ちは遅くなります。夏まき栽培は日が短くなる8月中旬以降にタネまきします。春まきはトウ立ちの遅い品種を用います。タネの古い新しいに関係はありません。
Q品質をよくするには?
Aリーフレタスは球レタスに比べると、生育期間が短く栽培が簡単です。しかし、乾燥、過湿などで初期生育が不十分であると回復が難しくなります。老化苗は避け、若苗を使用してスムーズに活着させます。完熟堆肥を十分施し、水はけと水もちのよい畑にします。肥料切れさせないよう適宜追肥します。マルチをして適湿にし、乾燥時には水やりをします。葉温の低い朝に収穫します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.