タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 夏どり 耐病大根 「夏のきざし」

夏どり 耐病大根 「夏のきざし」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「夏どり 耐病大根 「夏のきざし」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

トウ立ちが遅く、暑さに強い、つくりやすい青首ダイコンです。肥大力がありますが、尻つまりもよく、そろいがよいのが特長です。

栽培環境・土づくり

できるだけ耕土が深く、水はけのよい畑を選びます。タネまき予定の2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰約100g、完熟堆肥約2kgと有機配合肥料80gを目安として畑に施し、30cmほどの深さに耕します。未熟な堆肥をタネまき直前に与えると根が変形するので注意します。根をスムーズに伸ばすために、石や雑草の根などをとり除きます。また、水はけの悪い畑を利用する場合は、高うね栽培をおすすめします。

タネまき・植えつけ

条間45~60cm、株間20~30cmくらいのところに3cmほどの穴をあけ、1か所にタネを3~5粒ずつまき覆土します。間引きは本葉が5~6枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

管理のポイント

間引き後に土寄せし、風で株が回されないようにします。

病害虫・生理障害

アブラナ科作物の連作や窒素過多を避けます。ネキリムシ、コナガ、アブラムシなどの防除を早めに行います。本葉1~2枚のころ、ダイコンシンクイムシ(ハイマダラメイガ)の防除が大切です。また、アブラムシは葉に群生して生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。根の表面に小さな病斑ができるのはセンチュウの寄生によるもので、マリーゴールドなどの忌避作物を栽培して防除します。

収穫・保存・利用

根が地上に抜き上がってきて、タネまき後55~60日を過ぎたころ、長さ37cm、太さ7cm、重さ1kg前後を目安に収穫します。尻づまりのよい円筒形のダイコンになります。収穫遅れに注意し、トウ立ちする前に収穫します。収穫が遅れるとスが入り、品質が落ちるので注意します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

夏どり 耐病大根 「夏のきざし」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

夏どり 耐病大根 「夏のきざし」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

夏どり 耐病大根 「夏のきざし」の栽培Q&A

Q根が太る前にトウ立ちしてしまいました。タネが古いのでは?
Aダイコンはシードバーナリゼーション(種子春化)型といって、タネが発芽したときから低温に感応して花芽を分化します。その後の高温と長日によってトウ立ちは促進されます。秋ダイコンを春まきすると、低温にあいトウ立ちしてしまいます。春はタネまき前にトンネルやマルチで地温を上げてから、トウ立ちの遅い「つくし春」や「天宝」などの品種をまきます。タネが古い新しいに関係はありません。
Q葉が緑色濃淡のモザイク模様になり、縮んで生育が悪くなりました。
Aモザイク病(ウィルス病)と考えられます。モザイク病にかかると、根も太らず、表面が凸凹になったり、奇形になったりします。モザイク病はアブラムシがウィルスを媒介するので、アブラムシを徹底的に防除します。アブラムシは高温乾燥で多発するので、秋ダイコンのタネまきは適期に行い、早まきはさけます。モザイク病の適用農薬はありません。病株は抜きとり、畑から持ち出し処分します。
Q根の表面に5~8mmの小さな病斑が多数できてしまいました。
Aネマトーダ(キタネグサレセンチュウ)の寄生によるものと考えられます。ネマトーダの被害は、乾燥する畑や有機質の少ない畑に出やすいので、完熟堆肥を多用し、乾燥を防ぐようにします。忌避作物のマリーゴールド(マサイ、アフリカントールなど)やエンバク(オーツワンなど)を前作に栽培します。登録農薬を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。
Q収穫したダイコンを輪切りにしたら淡黒色のリング模様が入っています。
Aホウ素が欠乏すると、根の内部が黒変することがあります。野菜は窒素、リン酸、カリの3要素だけでなく、微量要素も必要です。完熟堆肥を十分施します。
Q辛みや苦みがあります。
A品種差もありますが、同じダイコンでも首部は甘く尻部は辛い傾向があります。代謝生理の激しい若いダイコンは、収穫適期のものに比べると辛みが強いです。また、高温・乾燥や窒素過多でも、辛みや苦みが強くなることがあります。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.